月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

200m五輪入賞の英国ジェミリが問題行為で調査中レイダー氏から離れることを決意

男子200mのA.ジェミリ(英国)がこれまで指導を受けていたラナ・レイダーコーチのもとを離れることがわかった。

ジェミリは200mで19秒97の記録を持ち、16年リオ五輪、19年ドーハ世界選手権でいずれも4位に入っている。先月のオレゴン世界選手権にも同種目に出場したが、予選で敗退していた。

レイダー氏は性的不正行為の疑惑により、米国セーフスポーツセンター(US Center for Safe Sports)によって調査が行われている。英国陸連はこの調査が終わるまで、レイダー氏の指導を受ける英国選手への資金援助等の支援を中断していたが、ジェミリはこれまで同氏のチームにとどまっていた。また、英国メディアによると先月の世界選手権でレイダー氏は入場権限のないエリアへの立ち入りのため、警察に警告を受け退場させられたと報じられている。

レイダー氏はこれまで多くの選手のコーチングを行い、C.テイラー(米国)など世界大会でのメダリストも輩出している。現在も先の世界選手権男子100mでそれぞれ銀メダルと銅メダルを獲得したM.ブレイシー、T.ブロメル(いずれも米国)らのコーチを務めている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com