月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

青木益未 100mHで13秒04 前半から積極的な走り!「少しはすっきりしています」/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)10日目

オレゴン世界陸上10日目のイブニングセッションに行われた女子100mハードル準決勝2組に、青木益未(七十七銀行)が登場した。

青木がレースに臨む前の1組目。福部真子(日本建設工業)が12秒82(+0.9)の日本新記録をマークした。「真子ちゃんが出したのを見て、自分も塗り替えそう」。そんな強い気持ちでスタートラインに立った。

「格上の選手ばかりだったので前半から行こう」とスピードに乗る。海外勢に「離されずにいけた」と1台目、2台目と順調にハードルを越えていった。

だが、後半に差し掛かった6台目。「脚をぶつけてしまったのがもったいない」。前からだんだん離れていく。それでも、「その中でも思いっきりいけた」と必死に走り抜けた。

13秒04(-0.1)の6着。決勝進出とはならなかったが、「少しはすっきりしています」と充実の表情を見せた。

今大会は、“本職”である100mハードルに加えて、4×100mリレーにも1走として出場。日本の短距離でもトップで活躍するスプリント力を持つが、「走力とハードルが噛み合っていなくて試行錯誤」をしてるところだ。

昨年は寺田明日香(ジャパンクリエイト)に並ぶ日本記録(12秒87)をマーク。東京五輪にも出場したが、ケガの影響から本来の力を発揮できずに予選敗退となり、悔しさから涙を流していた。それを乗り越えて、今回は悲願の準決勝進出を達成。昨年よりもさらに成長を遂げてきている。

今年の4月には単独での日本記録(12秒86)保持者に。そのタイムを今大会で福部が記録を塗り替えた。19年以降から記録がどんどんと更新されていく100mハードル。「また追いかける立場として思いっきりいけます。次のレースで少しでも動きが変えられたとわかる走りをしたい」。さらなる高みを目指して。これからも日本のハードル界を盛り上げていく。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com