HOME 世界陸上、海外

2022.07.25

女子800m東京五輪の再現!ムーがホジキンソンとの「20歳対決」制し、地元優勝!/世界陸上
女子800m東京五輪の再現!ムーがホジキンソンとの「20歳対決」制し、地元優勝!/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)10日目

オレゴン世界陸上10日目のイブニングセッションに行われた女子800m決勝は、東京五輪と金メダルのアシング・ムー(米国)と、銀メダルのケリー・ホジキンソン(英国)が再び激闘を演じた。

東京五輪ではムーが米国新・U20世界歴代2位の1分55秒21で制し、ホジキンソンは英国新の1分55秒88。1周目を57秒で通過する展開から、残り300mでムーが前に出る。それに反応したホジキンソンが後ろにつき、最後の直線へ。

ホジキンソンが内側からかわそうとするが、ムーがそれを許さない。互いに力を尽くしたレースは、その位置のままフィニッシュを迎えた。ムーが今季世界最高の1分56秒30で五輪に続く金メダルを手にし、ホジキンソンは0.08秒差でまたも銀メダルだった。

ムーが2002年6月8日生まれ、ホジキンソンが2002年3月3日生まれでともに20歳。若きライバルの切磋琢磨が、39年間も残る世界記録(1分53秒28=ヤルミラ・クラトフヴィロヴァ/チェコスロバキア、1983年)の更新へとつながっていくかもしれない。

■女子800m上位成績
1位 アシング・ムー(米国)      1分56秒30
2位 ケリー・ホジキンソン(英国)   1分56秒38
3位 マリー・モラア(ケニア)     1分56分71
4位 デリベ・ウェルテジ(エチオピア) 1分57秒02
5位 ナトヤ・ゴール(ジャマイカ)   1分57秒90
6位 レーブン・ロジャーズ(米国)   1分58秒26
7位 アニタ・ホルバット(スロバキア) 1分59秒83
8位 アジー・ウィルソン(米国)    2分00秒19

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)10日目 オレゴン世界陸上10日目のイブニングセッションに行われた女子800m決勝は、東京五輪と金メダルのアシング・ムー(米国)と、銀メダルのケリー・ホジキンソン(英国)が再び激闘を演じた。 東京五輪ではムーが米国新・U20世界歴代2位の1分55秒21で制し、ホジキンソンは英国新の1分55秒88。1周目を57秒で通過する展開から、残り300mでムーが前に出る。それに反応したホジキンソンが後ろにつき、最後の直線へ。 ホジキンソンが内側からかわそうとするが、ムーがそれを許さない。互いに力を尽くしたレースは、その位置のままフィニッシュを迎えた。ムーが今季世界最高の1分56秒30で五輪に続く金メダルを手にし、ホジキンソンは0.08秒差でまたも銀メダルだった。 ムーが2002年6月8日生まれ、ホジキンソンが2002年3月3日生まれでともに20歳。若きライバルの切磋琢磨が、39年間も残る世界記録(1分53秒28=ヤルミラ・クラトフヴィロヴァ/チェコスロバキア、1983年)の更新へとつながっていくかもしれない。 ■女子800m上位成績 1位 アシング・ムー(米国)      1分56秒30 2位 ケリー・ホジキンソン(英国)   1分56秒38 3位 マリー・モラア(ケニア)     1分56分71 4位 デリベ・ウェルテジ(エチオピア) 1分57秒02 5位 ナトヤ・ゴール(ジャマイカ)   1分57秒90 6位 レーブン・ロジャーズ(米国)   1分58秒26 7位 アニタ・ホルバット(スロバキア) 1分59秒83 8位 アジー・ウィルソン(米国)    2分00秒19

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top