月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子800m東京五輪の再現!ムーがホジキンソンとの「20歳対決」制し、地元優勝!/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)10日目

オレゴン世界陸上10日目のイブニングセッションに行われた女子800m決勝は、東京五輪と金メダルのアシング・ムー(米国)と、銀メダルのケリー・ホジキンソン(英国)が再び激闘を演じた。

東京五輪ではムーが米国新・U20世界歴代2位の1分55秒21で制し、ホジキンソンは英国新の1分55秒88。1周目を57秒で通過する展開から、残り300mでムーが前に出る。それに反応したホジキンソンが後ろにつき、最後の直線へ。

ホジキンソンが内側からかわそうとするが、ムーがそれを許さない。互いに力を尽くしたレースは、その位置のままフィニッシュを迎えた。ムーが今季世界最高の1分56秒30で五輪に続く金メダルを手にし、ホジキンソンは0.08秒差でまたも銀メダルだった。

ムーが2002年6月8日生まれ、ホジキンソンが2002年3月3日生まれでともに20歳。若きライバルの切磋琢磨が、39年間も残る世界記録(1分53秒28=ヤルミラ・クラトフヴィロヴァ/チェコスロバキア、1983年)の更新へとつながっていくかもしれない。

■女子800m上位成績
1位 アシング・ムー(米国)      1分56秒30
2位 ケリー・ホジキンソン(英国)   1分56秒38
3位 マリー・モラア(ケニア)     1分56分71
4位 デリベ・ウェルテジ(エチオピア) 1分57秒02
5位 ナトヤ・ゴール(ジャマイカ)   1分57秒90
6位 レーブン・ロジャーズ(米国)   1分58秒26
7位 アニタ・ホルバット(スロバキア) 1分59秒83
8位 アジー・ウィルソン(米国)    2分00秒19

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com