月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

「力不足を痛感した」男子35km競歩の野田明宏が8秒差で入賞逃すも見せ場作る/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン) 最終日

オレゴン世界陸上最終日のモーニングセッションに行われた男子35km競歩で、前回のドーハ大会50km競歩に続く出場となった野田明宏(自衛隊体育学校)が2時間25分29秒で9位と、あとわずかのところで入賞を逃した。

序盤は2位集団でレースを進めていた野田は、7km地点のペースアップに対応できす、集団から後退。「最初から勝負させてもらえなかったので、(一度ポジションを下げて)後半にできるだけ追い上げていこうという気持ちでいたが、なかなか前からも選手が落ちてこなかった」と苦しい展開でのレースとなってしまった。

その中でも自身のペースを守りながら歩き続けると、25kmから徐々に順位を上げて一時は入賞圏内の6位にまで浮上し、さらに前を追いかける見せ場も作った。しかしながら、以降は1kmごとのラップが5秒ほど落ちてしまい、逆に後方にいた選手にかわされて最終的には8位と8秒差でのフィニッシュとなった。

12年のロンドン五輪は20km競歩で出場。以降は50km競歩に距離を伸ばし、18年には日本記録を樹立したが、翌年の世界選手権は無念の途中棄権、東京五輪も逃すなど苦しい時期も過ごす。

それでも、世界トップクラスの選手層を誇る日本において、新種目の35kmでも世界選手権の出場権を獲得。世界の舞台で堂々の歩きを披露した。

「ここを一歩として、コーチの谷井(孝行)さんやサポートしてくださった方々に恩返しできたら良いなと思います」と涙ながらに語った野田。悔しさを糧にして、次のステージに歩み出す。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com