月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

やり投ディーン元気と5000m田中希実が決勝に挑む 35km競歩の川野、松永、野田はメダル獲得なるか/世界陸上Day9午後→Day10午前みどころ

写真右©フォート・キシモト

陸上競技の世界ナンバーワンを決める世界陸上競技選手権(以下、世界選手権)が7月15日から7月24日までの10日間、米国・オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで行われている。

Day9の午後セッションで最初に登場する日本勢は日本時間24日9時40分(以下文中は日本時間)からの男子4×400mリレー予選だ。日本はメダル常連の米国とジャマイカと同じ1組に登場。400mで準決勝に進出したウォルシュ・ジュリアン(富士通)と佐藤風雅(那須環境技術)を軸に、まずは日本記録(3分00秒76)の更新と予選突破がターゲットとなる。

10時25分からは女子5000m決勝が行われ、日本からは田中希実(豊田自動織機)が出場する。ここまで1500m予選&準決勝、5000m予選、800m予選と4レースをこなしており、すでに疲労は限界まで蓄積されているはず。8位入賞を達成し、22歳の真夏の大冒険を有終の美で飾れるか。

10時35分からの男子やり投決勝にはディーン元気(ミズノ)が出場する。ディーンにとっては2012年ロンドン五輪以来となる世界ファイナルの舞台。予選は全体7位の82m34で通過しており、十分入賞の可能性は秘めている。ロンドン五輪は10位に終わったが、自己記録(84m28)を超える投てきを見せれば、2009年ベルリン大会の村上幸史以来となるメダル獲得が見えてくる。

この他にもDay9の午後セッションでは男子800m、同三段跳、男女4×100mリレーで決勝が行われる。特にリレーでは、男子は米国、女子はジャマイカが100m、200mを席巻しており、金メダルはもちろん、世界記録更新なるかにも注目が集まる。

DAY10の午前セッションでは、24日22時15分からスタートする男子35km競歩にメダル獲得の期待が高まる。

出場するのは4月の日本選手権輪島競歩で1位〜3位を占めた川野将虎(旭化成)、松永大介(富士通)、野田明宏(自衛隊体育学校)の3人。なかでも川野は50kmで日本記録を持ち、昨年の東京五輪では6位入賞を果たした。20kmでも世界歴代10位の1時間17分24秒を持つスピードを生かし、20kmで銀メダルを獲得したチームメイトの池田向希に続く表彰台なるか。

松永は2014年の世界ジュニア選手権10000mを制し、16年リオ五輪では20kmで7位入賞を果たした実力者。その後は思うような戦績をあげられなかったが、35kmに距離を延ばして完全復活をアピールしたいところだ。

野田は50kmで2018年に日本記録(3時間39分47秒/現・歴代3位)を樹立したものの、前回大会では途中棄権に終わった苦い過去がある。今年のシーズンベストでは川野、松永、野田の順で1位、2位、4位につけており、複数メダルも射程圏内。20kmに続くトリプル入賞も現実味を帯びている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com