月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

日本選手権の砲丸投で優勝! 村上輝選手が働く日本体育施設とは?/PR


6月の日本選手権男子砲丸投で、日本歴代8位タイの18m29をマークして優勝した日本体育施設の村上輝選手。出身は三重県伊勢市で、7月10日には地元・伊勢市の三重交通Gスポーツの杜伊勢陸上競技場で開催された第85回三重県陸上競技選手権でも17m99で優勝を飾った。

その村上選手の所属する日本体育施設(株)は、全国でスポーツ施設の建設・管理・運営に取り組む企業。2021年には創立50周年を迎えている。

村上選手は運動公園の管理業務に従事し、夕方から母校での練習に参加しながら競技生活を送っている。同社はアスリートパートナーとのパートナーシップやグラウンドの利便性を向上する製品開発を通じて投てき競技を応援している。

特に、投てきができる人工芝『スポーツターフΛ(ラムダ)』は、「投てきだけ別会場で大会が開催される」「使用後の補修が大変」……などグラウンドの悩みを解決した人工芝。砲丸、円盤、ハンマー、やりの投てき4種目に完全対応し、投てき種目に特化した大会『Thrower Meeting』の会場でも導入されている。

2022 Thrower Meetingが開催される松戸市陸上競技場

今年の『2022 Thrower Meeting』は、7月23日(土)・30日(土)に千葉県松戸市で開催予定。会場の松戸運動公園陸上競技場は、暑さ対策としてグラウンドからミストを噴霧する『フィールド冷却細霧システム』も導入されている。


投てきができる人工芝『スポーツターフΛ』と『フィールド冷却細霧システム』

日本体育施設は、アスリート支援と製品開発を通じて陸上競技の普及に貢献していく。

<関連リンク>
NTSアスリートパートナー
スポーツターフΛ(ラムダ)
フィールド冷却細霧システム
日本体育施設 ※公式サイト

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com