月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

真野友博が2m27で8位!走高跳で大会日本人初の入賞 2m30も惜しい跳躍/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)4日目

オレゴン世界陸上4日目のイブニングセッションに行われた男子走高跳決勝。真野友博(九電工)が出場し、2m27で8位に入って日本人初の入賞を果たした。

最初のバーの高さは2m19。真野は2回目にクリアすると、2m24も2回目に成功した。続く2m27は見事1回目にクリア。2m30は惜しくも失敗となったが、無効試技数の差で8位に入った。

真野の自己記録は2020年にマークした2m31。1日目に行われた予選では2m28を跳んで日本人初の決勝進出を決めた。

■男子走高跳上位成績
1位 ムタズ・エッサ・バルシム(カタール) 2m37
2位 禹相赫(韓国)            2m35
3位 アンドリー・プロツェンコ(ウクライナ)2m33
4位 ジャンマルコ・タンベリ(イタリア)  2m33
5位 シェルビー・マキューアン(米国)   2m30
6位 ジャンゴ・ロヴェット(カナダ)    2m27
7位 ルイス・エンリケ・ザヤス(キューバ) 2m27
8位 真野友博(九電工)          2m27

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com