月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

泉谷駿介が110mH準決勝13秒42で5着!日本史上初のファイナリストにあと一歩!/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)3日目

オレゴン世界陸上3日目のイブニングセッションに行われた男子110mハードル準決勝。2組に出場した泉谷駿介(住友電工)が13秒42(+0.3)で世界陸上の日本人最高着順となる5着に入ったが、日本人初の決勝進出には一歩届かなかった。

予選を13秒56(+0.4)で3着通過。昨年の日本選手権で2021年世界リスト5位となる13秒06の日本記録をマークしている泉谷としては「もう少し攻められたし、置きにいった」レースだったが、1台目をトップ争いで入るなど勝負所でしっかりと修正した。

3年前のドーハ世界陸上は、代表入りしながらも直前のケガで出場できず。現地入りしたものの、スタンドからレースを眺めるしかできなかった。昨年の東京五輪では、ランキング2位という立場で挑んで準決勝に進んだものの、0.03秒差で「ファイナル」を逃した。

世界大会3度目の挑戦はまたも実らなかったが、初めて立った世界陸上の舞台で貴重な経験を積んだ。

■男子110mH 上位成績(+1.2)
1位 グラント・ホロウェイ(米国)13秒03
2位 トレイ・カニンガム(米国)13秒08
3位 アジアー・マルティネス(スペイン)13秒17
4位 ダミアン・チキェル(ポーランド)13秒32
5位 ジョシュア・ゼラー(英国)13秒33
   シェーン・ブレイスウェイト(バルバドス)失格
   デヴォン・アレン(米国)失格
   ハンセル・パーチメント(ジャマイカ)棄権

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com