月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

110mHの石川周平は準決勝8着13秒68で決勝進出ならず/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)3日目

オレゴン世界陸上3日目のイブニングセッションに行われた男子110mハードル準決勝。1組に入った石川周平(富士通)は13秒68(-0.6)で8着となり、決勝進出を逃した。

初の世界選手権出場ながら予選を13秒53(-0.3)の4着で突破。準決勝では前回覇者のグラント・ホロウェイ(米国)と同組となり、決勝進出を目指したが力及ばなかった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com