月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

マラソンの新谷仁美が新型コロナ陽性で欠場 横田コーチらとともに発熱の症状/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)3日目

日本陸連は日本時間の18日、開催中のオレゴン世界選手権で女子マラソン代表の新谷仁美(積水化学)が新型コロナウイルス感染症の陽性が確認され、レースを欠場することを発表した。現地時間7月17日に発熱などの症状があったためPCR検査を実施したところ、陽性が判明したという。

また、役員として帯同していたコーチの横田真人氏、積水化学監督の野口英盛氏、競歩・科学スタッフの三浦康二コーチも感染したことも判明している。

日本代表ではすでにマラソンの鈴木健吾(富士通)と一山麻緒(ワコール)が同じく新型コロナ陽性で欠場となっているほか、山崎一彦監督を含む役員5名の感染が確認されている。日本選手団ドクターと大会主催者の指示に従って、選手団との隔離のため別棟にて5日間(検査日を0日として翌日から5日間)の安静加療を行うことになっており、新谷らも隔離を受ける。

日本選手団は新型コロナワクチンを2回以上接種済み。出発時に成田空港にて抗原検査(定性)を受け陰性を確認した上で、出国している。また、出発時よりN95マスクを着用するなど、感染対策を強化していた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com