月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

田中希実が女子1500m準決勝を7着力走!五輪に続く決勝ならずも互角の勝負「5000mは絶対に決勝へという気持ちをより強くして臨む」/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)2日目

オレゴン世界陸上2日目のイブニングセッションに行われた女子1500m準決勝。2組に出場した田中希実(豊田自動織機)は4分05秒79の7着となり、8位に入賞した東京五輪に続く決勝進出はならなかった。

それでも、力は尽くした。最初の1周が66秒とスローな展開になる中で、先頭付近でレースを進める。「接触は多かったですが、集中してレースを進めることができました」。

ラスト1周も、着順通過の5着前後で入る。1組の6着が4分03秒08で、プラス通過も見据えた最後の勝負。しかし、ここでポジションが内側だったのが悔やまれる場面か。「ラストは位置取りの関係で自分の思ったところでスパートかけることができなかった」と振り返る。

最期の直線で接触があって失速するまでは、十分に着順通過が見える走り。最後まで力を振り絞り、予選(4分05秒30)に続いて4分05秒台にまとめた。

「昨年度の成績からするといまいちかなと思う部分もあるけど、4分05秒で平均して走れたのは収穫だと思います」

悔しさの中にも、次への光を見出す。田中のオレゴンはまだ終わっていない。次は、4日後に5000m予選が待っている。

「5000mにも生きる取り組みをしてきた。1500mで残れなかったぶん、絶対に決勝に残りたいという気持ちをより強くして臨みたい」

5000m、そして800mへ、田中は次のスタートラインに向けての準備に入る。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com