月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

サニブラウン世界最速決める100m決勝で7位!目標の「世界一」への第一歩「もっと練習して追いつきたい」/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)2日目

オレゴン世界陸上2日目のイブニングセッションを締めくくる男子100m決勝。そのスタートラインに、ついに日本人スプリンターが立った。サニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)が1レーンで、世界最速を決める舞台を戦い抜き、10秒06(-0.1)で7位に入った。

予選を自身3度目の9秒台(9秒98/-0.3)で1着通過し、準決勝は10秒05(+0.3)で3着ながらプラス通過で決めたファイナル。100mでは日本人がまだ立ったことのない場所で、サニブラウンは「準決勝より緊張しなくて、冷静でした」。

スタートも決め、中盤までは力強く上位争いを展開する。ただ、そこから「全力で行く」と語っていた準決勝で「使い切った感じがあった」部分が出た。徐々に離され、フレッド・カーリー、さらにはチームメイトのマーヴィン・ブレイシーとトレイヴォン・ブロメルと米国勢が金、銀、銅メダルを独占する背中を見ながらフィニッシュ。トラックに座り込むほど「きつかった」が、今の力はしっかりと出し切った。

世界陸上では日本人初、五輪を含めると1932年ロサンゼルス五輪で6位の吉岡隆徳以来、90年ぶりの男子100m入賞。飯島秀雄、不破弘樹、井上悟、伊東浩司、朝原宣治、塚原直貴、山縣亮太、桐生祥秀……これまで数々の日本トップスプリンターが挑み続け、跳ね返されてきた。伊東氏が、「世界のトップスプリンターが本気を出す唯一の舞台」と表現したことがある。それほど、日本人にとっては分厚く、高い壁だった。

だが、サニブラウンはそこに立つだけでなく、「戦う」ためにここまで来た。2017年ロンドン大会200mで7位に入り、世界陸上の入賞は経験している。だからこそ、満足することはない。

「来年リベンジしてメダルを取りたい。アメリカのメダル独占は強いなと身に染みて感じますし、自分自身まだまだ。これからもっともっと練習して追いついていきたい」

東京・城西高2年だった2015年の世界ユース選手権100m、200m2冠。同年代の世界の頂点に立った。この年には200mで史上最年少(16歳172日)の世界陸上出場、さらには準決勝進出。さらには国際陸連(現・世界陸連)の年間表彰式では世界の新人賞にあたる「ライジング・スター・アワード」を受賞した。

この頃から抱き続ける目標がある。「世界で一番になる」。まだその道半ばだが、着実に1歩近づいたことは間違いない。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com