月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

サニブラウン男子100m10秒06で7位入賞!!日本人初の大舞台で力走!/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)2日目 オレゴン世界陸上2日目のイブニングセッションに行われた男子100m決勝。日本人初の大舞台に立ったサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)は、10秒06(-0.1)で7位に入った。

予選を自身3度目の9秒台(9秒98/-0.3)で1着通過、準決勝は10秒05(+0.3)で3着ながらプラス通過で挑んだ大舞台だった。

世界陸上では日本人初入賞。五輪では1932年ロサンゼルス大会で吉岡隆徳が6位に入賞した歴史があり、世界大会ではそれ以来の快挙だった。 サニブラウンにとっては、2017年ロンドン大会の200m(7位)以来となる世界陸上入賞だった。

■男子100m上位成績(-0.1)
1位 フレッド・カーリー(米国)       9.86
2位 マーヴィン・ブレイシー(米国)      9.88
3位 トレイヴォン・ブロメル(米国)      9.88
4位 オビク・セヴィル(ジャマイカ)      9.97
5位 アカニ・シンビネ(南アフリカ)     10.01
6位 クリスチャン・コールマン(米国)    10.01
7位 サニブラウン・アブデル・ハキーム(日本)10.06
8位 アーロン・ブラウン(カナダ)      10.07

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com