HOME ニュース、国内

2022.07.03

前田穂南がハーフ日本歴代8位タイの1時間8分28秒でV 男子は定方駿が1時間2分46秒で日本人トップ/函館マラソン
前田穂南がハーフ日本歴代8位タイの1時間8分28秒でV 男子は定方駿が1時間2分46秒で日本人トップ/函館マラソン

前田穂南(2021年)

7月3日、2022函館マラソンが北海道函館市の千代台公園競技場を発着点とするコースで行われ、女子ハーフマラソンの部では東京五輪マラソン代表の前田穂南(天満屋)が日本歴代8位タイとなる1時間8分28秒で優勝を飾った。

5月の仙台ハーフに続くハーフマラソン出場となった前田は5kmを15分55秒で入ると、10kmを32分00秒で通過。後半も大きくペースを落とすことなくまとめ、2019年に一山麻緒が樹立した大会記録(1時間8分49秒)を21秒上回ってフィニッシュした。

2位には同じ天満屋の松下菜摘が1時間10分18秒で続き、1時間13分38秒の3位に和久夢来(ユニバーサルエンターテインメント)が入った。東京五輪10000m代表の安藤友香(ワコール)は1時間14分00秒で4位だった。

男子では15kmを過ぎて抜け出したポール・クイラ(JR東日本)が1時間2分17秒で快勝。29秒差の1時間2分17秒でフィニッシュした定方駿(マツダ)が日本人トップの2位となり、村本一樹(住友電工)が1時間3分05秒で3位。上位を実業団選手が占める中、駒大の花尾恭輔が1時間3分29秒で10位と健闘した。

フルマラソンの部では、男子は宮川慎太郎(MPD駅伝部)が2時間22分25秒、女子は下門美春(埼玉医大グループ)が2時間43分16秒でそれぞれ優勝した。

■函館マラソン ハーフの部上位成績
<男子>
1位 P.クイラ(JR東日本)       1.02.17
2位 定方 駿(マツダ)         1.02.46
3位 村本一樹(住友電工)        1.03.05
4位 安井雄一(トヨタ自動車)      1.03.15
5位 髙久 龍(ヤクルト)        1.03.20
6位 平田幸四郎(SGホールディングス) 1.03.22
7位 宮脇千博(トヨタ自動車)      1.03.23
8位 高田康暉(住友電工)        1.03.28
9位 畔上和弥(トヨタ自動車)      1.03.29
10位 花尾恭輔(駒大)          1.03.29

<女子>
1位 前田穂南(天満屋)              1.08.28
2位 松下菜摘(天満屋)              1.10.44
3位 和久夢来(ユニバーサルエンターテインメント) 1.13.38
4位 安藤友香(ワコール)             1.14.00
5位 池田千晴(日立)               1.14.30
6位 梅木優子(拓大)               1.16.01
7位 菊地優子(ホクレン)             1.16.31
8位 伊井萌佑子(拓大)              1.17.26
9位 青山瑠衣(ユニバーサルエンターテインメント) 1.17.45
10位 土井菜摘(拓大)               1.20.09

7月3日、2022函館マラソンが北海道函館市の千代台公園競技場を発着点とするコースで行われ、女子ハーフマラソンの部では東京五輪マラソン代表の前田穂南(天満屋)が日本歴代8位タイとなる1時間8分28秒で優勝を飾った。 5月の仙台ハーフに続くハーフマラソン出場となった前田は5kmを15分55秒で入ると、10kmを32分00秒で通過。後半も大きくペースを落とすことなくまとめ、2019年に一山麻緒が樹立した大会記録(1時間8分49秒)を21秒上回ってフィニッシュした。 2位には同じ天満屋の松下菜摘が1時間10分18秒で続き、1時間13分38秒の3位に和久夢来(ユニバーサルエンターテインメント)が入った。東京五輪10000m代表の安藤友香(ワコール)は1時間14分00秒で4位だった。 男子では15kmを過ぎて抜け出したポール・クイラ(JR東日本)が1時間2分17秒で快勝。29秒差の1時間2分17秒でフィニッシュした定方駿(マツダ)が日本人トップの2位となり、村本一樹(住友電工)が1時間3分05秒で3位。上位を実業団選手が占める中、駒大の花尾恭輔が1時間3分29秒で10位と健闘した。 フルマラソンの部では、男子は宮川慎太郎(MPD駅伝部)が2時間22分25秒、女子は下門美春(埼玉医大グループ)が2時間43分16秒でそれぞれ優勝した。 ■函館マラソン ハーフの部上位成績 <男子> 1位 P.クイラ(JR東日本)       1.02.17 2位 定方 駿(マツダ)         1.02.46 3位 村本一樹(住友電工)        1.03.05 4位 安井雄一(トヨタ自動車)      1.03.15 5位 髙久 龍(ヤクルト)        1.03.20 6位 平田幸四郎(SGホールディングス) 1.03.22 7位 宮脇千博(トヨタ自動車)      1.03.23 8位 高田康暉(住友電工)        1.03.28 9位 畔上和弥(トヨタ自動車)      1.03.29 10位 花尾恭輔(駒大)          1.03.29 <女子> 1位 前田穂南(天満屋)              1.08.28 2位 松下菜摘(天満屋)              1.10.44 3位 和久夢来(ユニバーサルエンターテインメント) 1.13.38 4位 安藤友香(ワコール)             1.14.00 5位 池田千晴(日立)               1.14.30 6位 梅木優子(拓大)               1.16.01 7位 菊地優子(ホクレン)             1.16.31 8位 伊井萌佑子(拓大)              1.17.26 9位 青山瑠衣(ユニバーサルエンターテインメント) 1.17.45 10位 土井菜摘(拓大)               1.20.09

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top