月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

コー会長がトランスジェンダー選手の出場制限を検討 「私は公平性を選択することを常に明確にしてきた」


世界陸連(WA)のセバスチャン・コー会長は国際水泳連盟のトランスジェンダーの選手の出場に関する新指針の決定を受け、「そのスポーツの最善の利益」として陸上競技もそれに続く可能性を示唆したと、英ガーディアン紙などが報じている。

国際水泳連盟では男性から女性に性転換した選手が女子部門に出場することを制限する新指針が採択され、今月20日から施行される。

WAの現行ルールでは、トランスジェンダーの女性は12ヵ月間テストステロンを5nmol/L以下に抑えれば、女子カテゴリーで競技することができる。このルールは国際水泳連盟でもこれまで採用されてきたが、テストステロンが減少してもトランスジェンダーの女性が有利であることを示す科学的な証拠が示され、そのルールを変更した。

コー会長は「私の責任は、女性のスポーツの健全性を守ることである。真剣に受け止め、今後プロトコルの調整が必要となればそれに従う。公平か包摂かを決めなければならない場合には、私は公平性を選択することを常に明確にしてきた」とコメントしたことが報道されている。また、WAもトランスジェンダーとDSD(性の発達が先天的に非定型的である状態)のアスリート政策を年末に見直す可能性があることが発表された。

陸上では19年の規則変更でDSDの選手は男性ホルモンのテストステロン低減薬の服用等の条件を満たさなければ400mから1マイルまでの種目に出場することができないと定められ、C.セメニャ(南アフリカ)が過去に五輪で金メダルを獲得している種目の800mへの出場ができないという状況となっている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com