月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

世界陸上代表の田中希実が1000mで2分37秒33の日本新!オレゴンへ弾み/ホクレンDC


◇ホクレン・ディスタンスチャレンジ2022:20周年記念大会(6月22日・北海道深川市)

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2022の「20周年記念大会」が行われ、女子1000mにオレゴン世界選手権代表の田中希実(豊田自動織機)が出場。2分37秒33をマークし、昨年自らが樹立した日本記録2分37秒72を塗り替えた。

田中はペースメーカーを含めて3番手でレースを進め、61秒ほどで通過。残り1周で一気にペースアップして日本記録につなげた。

レースを終え、「最低限、日本記録は更新できましたが、世界陸上で1500mに出るにあたっては不十分なタイム」と振り返った。「ラスト400mからだけではなく、もう一段階、二段階上げていけるように心掛けている」と、持ち味のスパートにさらに磨きをかけていく。

田中は1500mと5000mでオレゴン世界選手権の代表に内定している。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com