月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

5000mで遠藤日向が13分22秒13で優勝! オレゴン世界陸上即時内定! /日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)1日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権が行われ、男子5000mでは遠藤日向(住友電工)が13分22秒13で2連覇を果たし、世界選手権代表に内定した。

レースは1000mを2分41秒で通過。前半は集団の後方で控えた遠藤は徐々にポジションを上げると、残り2周から猛烈なスパートを仕掛け、トップでフィニッシュテープを切った。

遠藤は5月4日のゴールデンゲームズinのべおかで世界選手権標準記録を上回る13分10秒69をマーク。今大会で3位以内に入れば、日本陸連が定める条件を満たし、自動的に代表に内定することになっていた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com