月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

小池祐貴10秒13!準決勝組トップ通過 決勝へ「あとは気持ちだけ」/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)1日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の初日。男子100mの準決勝が行われ、1組では小池祐貴(住友電工)が10秒13(+0.5)をマークしてトップ通過を果たした。

小池は坂井隆一郎(大阪ガス)との競り合いとなったが、しっかりと0.02秒先着。それでもフィニッシュ後は首をかしげ、「参加標準記録(10秒05)は切れるかなと思いましたが……。悪くても10秒0台を出したかった」と振り返る。

ただ、走りについては「集中してやりたいことはできた」と小池。決勝に向けて「あとは気合、気持ちだけ。決勝は勝手に入る」と、力強く語った。

100m決勝は10日の20時30分から行われる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com