月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

2025年世界陸上招致 世界陸連視察団に室伏長官や寺田明日香がアピール


2025年世界陸上選手権の東京開催について、日本陸連は来日中の世界陸連視察団に対し、プレゼンテーションなどを実施。実現すれば日本では3度目の開催となる世界選手権に向けてアピールを行った。

世界陸連の評価パネルによる視察は25日、26日の2日間で行われ、評価パネル委員長のアンティ・ピコラスキ氏やヒメナ・レストレポ世界陸連副会長が訪日。25日には東京都の小池百合子知事と面会したほか、大会で使用予定の宿泊施設、会議施設などを見学した。26日にはスポーツ庁の室伏広治長官と女子100mハードル五輪代表の寺田明日香(ジャパンクリエイト)がメンバーを前に国立競技場で大会招致のPRを行った。

25年世界選手権については日本のほかケニアなどが開催地に名乗りを上げているが、日本陸連は21年に東京五輪を行った実績や日本の高いホスタビリティなどをアピールしている。

開催地は7月13日から14日に米国・オレゴンで開催される世界陸連カウンシル会議において決定する。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com