HOME ニュース、国内

2022.05.04

遠藤日向13分10秒69!オレゴン世界選手権の参加標準記録突破&日本歴代2位!涙浮かべ「悔しい思いをした」/GGN
遠藤日向13分10秒69!オレゴン世界選手権の参加標準記録突破&日本歴代2位!涙浮かべ「悔しい思いをした」/GGN


日本グランプリシリーズ延岡大会の第33回ゴールデンゲームズinのべおかが行われ、男子5000mB組で遠藤日向(住友電工)が13分10秒69をマークして優勝。この記録は日本歴代2位で、今夏行われるオレゴン世界選手権の参加標準記録(13分13秒50)を突破した。

遠藤はレース後のインタビューで「昨年はずっと目標にしてきた東京五輪(出場)を成し遂げられなくて悔しい思いをしました」と涙。「世界選手権に絶対に出てやるんだぞという気持ちで日本選手権が終わってからトレーニングしてきました」と語る。今大会に向けては「最高の準備をしてきた」。

広告の下にコンテンツが続きます

6月の日本選手権で3位以内に入れば代表に内定するが、「優勝して内定をつかみ取りたい」と語った。

遠藤は福島・学法石川高を卒業して住友電工へ。中学時代から世代トップで全中3000m優勝、高1で初めて5000m13分台となる13分58秒93をマーク。インターハイ1500m優勝など数々の実績を持つ。昨年の日本選手権5000mで初優勝。これまでの5000mのベストは昨年12月の13分16秒40だった。

また、同レースでは佐藤圭汰(駒大)が13分22秒91をマーク。U20日本新で、学生歴代9位(日本人学生歴代7位)にランクインしている。

■男子5000m日本歴代10傑
13.08.40 大迫  傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)15年
13.10.69 遠藤 日向(住友電工) 22年
13.12.63 鎧坂 哲哉(旭化成) 15年
13.13.20 松宮 隆行(コニカミノルタ) 07年
13.13.40 高岡 寿成(鐘紡) 98年
13.13.60 佐藤 悠基(日清食品グループ) 13年
13.16.53 塩尻 和也(富士通) 21年
13.18.32 三津谷 祐(トヨタ自動車九州) 07年
13.18.49 坂東 悠汰(富士通) 20年
13.19.00 竹澤 健介(早大3) 07年

広告の下にコンテンツが続きます
日本グランプリシリーズ延岡大会の第33回ゴールデンゲームズinのべおかが行われ、男子5000mB組で遠藤日向(住友電工)が13分10秒69をマークして優勝。この記録は日本歴代2位で、今夏行われるオレゴン世界選手権の参加標準記録(13分13秒50)を突破した。 遠藤はレース後のインタビューで「昨年はずっと目標にしてきた東京五輪(出場)を成し遂げられなくて悔しい思いをしました」と涙。「世界選手権に絶対に出てやるんだぞという気持ちで日本選手権が終わってからトレーニングしてきました」と語る。今大会に向けては「最高の準備をしてきた」。 6月の日本選手権で3位以内に入れば代表に内定するが、「優勝して内定をつかみ取りたい」と語った。 遠藤は福島・学法石川高を卒業して住友電工へ。中学時代から世代トップで全中3000m優勝、高1で初めて5000m13分台となる13分58秒93をマーク。インターハイ1500m優勝など数々の実績を持つ。昨年の日本選手権5000mで初優勝。これまでの5000mのベストは昨年12月の13分16秒40だった。 また、同レースでは佐藤圭汰(駒大)が13分22秒91をマーク。U20日本新で、学生歴代9位(日本人学生歴代7位)にランクインしている。 ■男子5000m日本歴代10傑 13.08.40 大迫  傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)15年 13.10.69 遠藤 日向(住友電工) 22年 13.12.63 鎧坂 哲哉(旭化成) 15年 13.13.20 松宮 隆行(コニカミノルタ) 07年 13.13.40 高岡 寿成(鐘紡) 98年 13.13.60 佐藤 悠基(日清食品グループ) 13年 13.16.53 塩尻 和也(富士通) 21年 13.18.32 三津谷 祐(トヨタ自動車九州) 07年 13.18.49 坂東 悠汰(富士通) 20年 13.19.00 竹澤 健介(早大3) 07年

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

女王・北口榛花が渡欧前に弾みの逆転V!「余力が残っている状態で勝てた」パリに向かって“チーム一丸”/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

2024.05.20

遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子5000mはイマニエル・マル(トヨタ紡織)が13分18秒94で優勝 […]

NEWS 400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

2024.05.20

400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われた。 広告の下にコンテンツが続きます 男子400mハードルで好記録が誕生 […]

NEWS 400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

2024.05.20

400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

◇第66回東日本実業団選手権(5月18日~19日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 5月20日、東日本実業団選手権の最終日が行われ、男子400mハードルは山本竜大(SEKI A.C.)が49秒96で優勝を飾った。 […]

NEWS 【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

2024.05.20

【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ(5月19日)の男子100mは、昨年のブダペスト世界陸上代表のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)がそろい踏みしたなか、栁 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top