月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

田中希実が1500m快勝!アジア大会代表へ前進 約30分後に10000m出場/兵庫RC

◇第70回兵庫リレーカーニバル(4月24日/神戸総合)

日本グランプリシリーズ・兵庫リレーカーニバルの女子1500mは、東京五輪8位入賞の田中希実(豊田自動織機)が4分10秒60で快勝。杭州アジア大会代表の選考レースとして設定されており、代表入りへ大きく前進した。同じ東京五輪代表の卜部蘭(積水化学)が4分11秒98で2位に続き、3位は田中のチームメイト・後藤夢が4分15秒12で続いた。

これが屋外1500mの今季初戦だった田中。ペースメーカーに引っ張られて1周目を67秒で入ると、800mも同じ67秒で通過。ここでペースメーカーが離脱してからは、卜部、後藤を率いるかたちでトップを走り、残り1周からスパート。2人を振り切り、この大会2連勝を飾った。

大会記録(4分09秒02、2018年)には届かなかったが、今季は4月9日の金栗記念選抜中長距離5000m(15分26秒53)、翌日のシーズンイン岩国800m(2分06秒89)、4月16日~17日の兵庫県春季記録会では400m(59秒14)、800m(2分06秒26)と試合を重ねながら着実に状態を上げている。

約30分後には10000mにも出場し、32分39秒29で日本人トップの2位。今年もさまざまなチャレンジを重ねながら、地力や経験を積み上げていく。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com