月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

マッコルガンが5kmで英国新! 男子のカティルも好タイム/META Time Trials


スペインのマラガで4月24日に開催されたロードレース「META Time Trials」の女子5kmで、エイリッシュ・マッコルガン(英国)が14分45秒の英国新記録を樹立。昨年の東京五輪で5000mと10000mの2冠を獲得したシファン・ハッサン(オランダ)が2019年にマークした欧州記録の14分44秒にあと1秒と迫った。

マッコルガンは1988年ソウル五輪女子10000m銀メダル、91年世界選手権では金メダルに輝いたリズ・マッコルガンの娘で、1990年生まれの31歳。昨年の東京五輪は5000mで予選落ち、10000mは11位だったが、自己記録は5000m14分28秒55、10000m30分58秒94を持っている。

また、男子5kmもモハメド・カティル(スペイン)が13分20秒と、欧州記録にあと2秒と迫る好タイムをマークした。10kmは男子がツェガイ・キダヌ・レダ(エチオピア)が27分14秒で、女子はヴィコティー・チェプンゲノ(ケニア)が31分39秒でそれぞれ1位。ハーフマラソンは男子がモハメド・デダ・エル・アーラビー(モロッコ)が59分54秒、女子はイェシー・カラヤウ(エチオピア)が1時間7分30秒でそれぞれトップを占めた。

今大会はアシックスが主催で、同社の新作シューズ「METASPEED+」を履いた契約選手たちに自己ベストを出させることを目的に企画されたもの。出走79人のうち34%(29人)が自己記録を更新し、そのうち4人は自国新記録だった。

日本からは川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)が10kmに出場予定だったが、PCR検査で新型コロナウイルスの陽性反応が出たことから欠場となった。

【追記】
速報では14分43秒(※欧州新)でしたが、公式記録では14分45秒だったので記事を一部修正しました。

タグ:

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com