月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

楠康成が5分29秒11!男子2000m障害日本記録を1年で奪還!/兵庫RC


◇第70回兵庫リレーカーニバル(4月24日/神戸総合)

日本グランプリシリーズ・兵庫リレーカーニバルの男子2000m障害で、2年連続の日本最高記録が誕生。楠康成(阿見アスリートクラブ)が5分29秒11をマークし、前回大会で阪口竜平 (SGホールディングス/現・京都陸協)が作った記録(5.29.89)を0.78秒塗り替えた。

「もともと僕が、1500mから転向して一番最初に結果が出た種目だった」と楠。18年までは1500m主体の中距離ランナーだったが、世界を目指して3000m障害への転向を決意。その1年目だった19年7月のホクレンディスタンスチャレンジでこの種目の日本最高(5分31秒82)をマークしていただけに、1年で記録保持者の称号を取り返し、「うれしいです」と胸を張った。

それでも、「あと1000m延びるので」と浮かれた様子はない。3000m障害は昨年の東京五輪では三浦龍司(順大)が7位入賞を果たすなど、好記録が立て続けに生まれる活況。その中で、楠も一昨年に8分28秒01まで自己ベストを短縮したが、昨年の日本選手権では6位と、世界にはまだ届いていない。

「すごく盛り上がっている種目。しっかりと僕も含めてみんなで押し上げられるようにしたい」。そう語る楠の視線は、常に前へ。ハイレベルの中で勝ち上がる決意がうかがえた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com