HOME アイテム、プレゼント
【プレゼント】軽量かつクッション性と反発性に優れたランニングシューズ「Skechers GOrun Razor Excess™」/2022年5月号
【プレゼント】軽量かつクッション性と反発性に優れたランニングシューズ「Skechers GOrun Razor Excess™」/2022年5月号


米国ロサンゼルスのマンハッタンビーチで誕生したフットウエアブランド「SKECHERS(スケッチャーズ)」は、「Skechers GOrun Razor Excess™(スケッチャーズ ゴーラン レーザー エクセス)」を発売している。

「SKECHERS GORUN」はすべてのランナーに向けたランニングシューズカテゴリーで、革新的な独自開発素材により反発性とクッション性に優れ、快適かつスタイリッシュに走れるよう設計されたシューズを展開。2014年にボストン・マラソンを制したメブ・ケフレジギ選手(米国)や、NCAAの各大会で17回優勝しているエドワード・チェセレク選手(ケニア)ら一流選手も愛用している。

Skechers GOrun Razor Excess™はクッション性に優れたロードランニングモデルで、超臨界流体技術により微細な気泡を球体の形で発生・固定させることに成功した「SKECHERS HYPER BURST®」ミッドソールを採用。超軽量で地面からの反発を素早くランナーに提供する。

また、効率的な脚運びをサポートするHYPERARC™ロッカーボトムを搭載し、Goodyear®パフォーマンスアウトソールがトラクション、安定性、耐久性を強化。ロードレース、駅伝からトラックでのスピード練習まで幅広い用途に対応する。

ミッドソールの厚さは踵が30mmで、オフセット(前足部と踵の高低差)は4mm。アッパーには軽量で通気性の高いモノメッシュを採用。重量はメンズ27.0㎝の片足で204g。価格は18,150円(税込)。

同社のご厚意により、Skechers GOrun Razor Excessを3名にプレゼント! 現在発売中の『月刊陸上競技』2022年5月号巻末のクイズコーナーをチェックし、奮ってご応募ください!

締め切りは4月28日(木)。Webでの応募はこちらから

<関連リンク>
スケッチャーズジャパン

米国ロサンゼルスのマンハッタンビーチで誕生したフットウエアブランド「SKECHERS(スケッチャーズ)」は、「Skechers GOrun Razor Excess™(スケッチャーズ ゴーラン レーザー エクセス)」を発売している。 「SKECHERS GORUN」はすべてのランナーに向けたランニングシューズカテゴリーで、革新的な独自開発素材により反発性とクッション性に優れ、快適かつスタイリッシュに走れるよう設計されたシューズを展開。2014年にボストン・マラソンを制したメブ・ケフレジギ選手(米国)や、NCAAの各大会で17回優勝しているエドワード・チェセレク選手(ケニア)ら一流選手も愛用している。 Skechers GOrun Razor Excess™はクッション性に優れたロードランニングモデルで、超臨界流体技術により微細な気泡を球体の形で発生・固定させることに成功した「SKECHERS HYPER BURST®」ミッドソールを採用。超軽量で地面からの反発を素早くランナーに提供する。 また、効率的な脚運びをサポートするHYPERARC™ロッカーボトムを搭載し、Goodyear®パフォーマンスアウトソールがトラクション、安定性、耐久性を強化。ロードレース、駅伝からトラックでのスピード練習まで幅広い用途に対応する。 ミッドソールの厚さは踵が30mmで、オフセット(前足部と踵の高低差)は4mm。アッパーには軽量で通気性の高いモノメッシュを採用。重量はメンズ27.0㎝の片足で204g。価格は18,150円(税込)。 同社のご厚意により、Skechers GOrun Razor Excessを3名にプレゼント! 現在発売中の『月刊陸上競技』2022年5月号巻末のクイズコーナーをチェックし、奮ってご応募ください! 締め切りは4月28日(木)。Webでの応募はこちらから。 <関連リンク> スケッチャーズジャパン

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

NEWS 【男子100m】髙城昊紀(宮崎西高1) 10秒52=高1歴代6位タイ

2024.07.13

【男子100m】髙城昊紀(宮崎西高1) 10秒52=高1歴代6位タイ

7月13日、第48回宮崎県高校1年生大会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子100mで髙城昊紀(宮崎西高)が10秒52(+0.5)で優勝を果たした。 髙城のこれまでの100mベストは今月7日に出した1 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top