月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

アルビRCに新加入 円盤投日本記録保持者の郡菜々佳「世界の舞台で活躍したい」 北京五輪出場の松宮隆行氏が長距離コーチ


写真提供/株式会社新潟アルビレックスランニングクラブ

新潟アルビレックスRCは4月18日、新潟市内で女子円盤投の日本記録(59m03)保持者の郡菜々佳と、新任コーチとなった2008年北京五輪代表・松宮隆行氏の加入記者会見を開いた。

大阪府出身の郡は、東大阪大敬愛高3年時の15年インターハイで砲丸投と円盤投の2冠を達成。同年の和歌山国体では砲丸投で15m70の高校新記録をマークした。16年に九州共立大へ進学すると、U20世界選手権には砲丸投と円盤投に出場。17年にはアジア選手権に出場して砲丸投4位、円盤投8位の成績を残している。

19年3月に円盤投で12年ぶりの日本新記録を打ち立て、4月のアジア選手権では4位。秋に行われたドーハ世界選手権には、日本選手として12年ぶり3人目の出場を果たした。日本選手権では砲丸投で計4回優勝(17年、18年、19年、21年)。この春に九州共立大大学院を修了し、4月からアルビRCに所属している。砲丸投の自己ベストは16m57(日本歴代4位)。

松宮コーチは秋田・花輪高からコニカ(現・コニカミノルタ)に入社すると、全日本実業団対抗駅伝で区間賞を5回獲得し、チームの全8回の優勝に貢献した。トラックでは2006年~08年には日本選手権の5000mと10000mの2種目で3連覇を達成。07年大阪世界選手権(5000m)、08年北京五輪(5000mと10000m)に出場した。記録では、30kmで03年に1時間28分36秒、05年には1時間28分00秒といずれも当時の世界最高記録をマーク。07年には5000mで13分13秒20と当時の日本記録を打ち立てた。15年には愛知製鋼に選手兼コーチとして移籍。昨年3月限りで現役を退いた後はコーチを務めていた。

この春に新潟医療福祉大大学院へ進学。その傍ら、アルビRCにコーチとして籍を置き、新潟医療福祉大陸上競技部へ派遣されるかたちで、大島めぐみコーチ(00年シドニー、04年アテネ両五輪代表)の下、同大学女子長距離のアシスタントコーチとして指導に関わる。

記者会見で郡は「世界の舞台で活躍することが目標です。日本人にとって円盤投・砲丸投は世界から遠い種目ですが、その現状を打破する第一人者になりたいです」と意気込み、松宮コーチは「大学院で学びながら自身の経験との答え合わせをしていきたいです。指導者としてもオリンピックに出られるようにがんばりたい」と語った。

女子400mハードル日本記録(55秒34)保持者の久保倉里美ヘッドコーチは「今季は3年後のパリに向けての初めの一歩として位置づけていきたい」と話していた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com