HOME ニュース、海外

2022.04.11

100mH五輪金のカマチョ・クインが強い向かい風で12秒67/WAコンチネンタルツアー
100mH五輪金のカマチョ・クインが強い向かい風で12秒67/WAコンチネンタルツアー


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールド初戦のUSATFバミューダ大会が4月11日に開催され、女子100mハードルでは東京五輪金メダルのJ.カマチョ・クイン(プエルトリコ)が向かい風2.5のなか12秒67の今季世界最高で優勝した。

男子200m(-4.7)は、東京五輪と19年ドーハ世界選手権の400mで金メダルを獲得しているS.ガーディナー(バハマ)が20秒79で勝利。2位には17年ロンドン世界選手権200m銅メダルのJ.リチャード(トリニダード・トバゴ)が20秒86で続いた。

女子400mはS.ジャクソン(ジャマイカ)が51秒40で優勝。ジャクソンは東京五輪100mで銅メダルを獲得しているが、16年リオ五輪では400m銅メダル、世界選手権でも2度(19年ドーハ、15年北京)銅メダルを取っている。
男子400mは12年ロンドン五輪・11年テグ世界選手権金メダルのK.ジェームス(グラナダ)が45秒63で制覇。女子三段跳は19年ドーハ世界選手権銀メダルのS.リケッツ(ジャマイカ)が14m15(+1.3)で勝利した。

男子100m(-5.6)はJ.ブレイク(カナダ)が10秒38でV。東京五輪200m4位の18歳・E.ナイトン(米国)が10秒39で2位に続き、19年ドーハ世界選手権200m金メダルのN.ライルズ(米国)も10秒39の同タイムながら着差ありの3位だった。

この大会では強い風が吹き荒れ、男子110mハードルのスタート前には約4m向かい風が吹いていた。この種目に出場予定だったG.ホロウェイ(米国)がスタートとフィニッシュを入れ替えることを申し入れたが受け入れられず、ホロウェイは欠場。世界選手権6位(17年ロンドン、19年ドーハ)のS.ブラスウェイト(バルバトス)が13秒78(-3.8)で優勝した。

写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールド初戦のUSATFバミューダ大会が4月11日に開催され、女子100mハードルでは東京五輪金メダルのJ.カマチョ・クイン(プエルトリコ)が向かい風2.5のなか12秒67の今季世界最高で優勝した。 男子200m(-4.7)は、東京五輪と19年ドーハ世界選手権の400mで金メダルを獲得しているS.ガーディナー(バハマ)が20秒79で勝利。2位には17年ロンドン世界選手権200m銅メダルのJ.リチャード(トリニダード・トバゴ)が20秒86で続いた。 女子400mはS.ジャクソン(ジャマイカ)が51秒40で優勝。ジャクソンは東京五輪100mで銅メダルを獲得しているが、16年リオ五輪では400m銅メダル、世界選手権でも2度(19年ドーハ、15年北京)銅メダルを取っている。 男子400mは12年ロンドン五輪・11年テグ世界選手権金メダルのK.ジェームス(グラナダ)が45秒63で制覇。女子三段跳は19年ドーハ世界選手権銀メダルのS.リケッツ(ジャマイカ)が14m15(+1.3)で勝利した。 男子100m(-5.6)はJ.ブレイク(カナダ)が10秒38でV。東京五輪200m4位の18歳・E.ナイトン(米国)が10秒39で2位に続き、19年ドーハ世界選手権200m金メダルのN.ライルズ(米国)も10秒39の同タイムながら着差ありの3位だった。 この大会では強い風が吹き荒れ、男子110mハードルのスタート前には約4m向かい風が吹いていた。この種目に出場予定だったG.ホロウェイ(米国)がスタートとフィニッシュを入れ替えることを申し入れたが受け入れられず、ホロウェイは欠場。世界選手権6位(17年ロンドン、19年ドーハ)のS.ブラスウェイト(バルバトス)が13秒78(-3.8)で優勝した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日)

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日/神奈川・平塚、ハンマー投のみ東海大) ●男子 100m   200m   400m   800m   1500m  東秀太(広島経大3)  3分49秒40 50 […]

NEWS 100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

2024.06.14

100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

◇日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)1日目 “学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権の1日目が行われ、女子100mハードルは髙橋亜珠(筑波大)が13秒35(+0.3)をマーク […]

NEWS パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

2024.06.14

パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

今夏のパリ五輪出場資格の獲得条件となる世界陸連(WA)のワールドランキング(Road to Paris)が更新された。6月7日~12日に行われた欧州選手権の結果が反映され、各種目で日本人が順位を落としている。 パリ五輪の […]

NEWS 久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top