月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

100mH五輪金のカマチョ・クインが強い向かい風で12秒67/WAコンチネンタルツアー


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールド初戦のUSATFバミューダ大会が4月11日に開催され、女子100mハードルでは東京五輪金メダルのJ.カマチョ・クイン(プエルトリコ)が向かい風2.5のなか12秒67の今季世界最高で優勝した。

男子200m(-4.7)は、東京五輪と19年ドーハ世界選手権の400mで金メダルを獲得しているS.ガーディナー(バハマ)が20秒79で勝利。2位には17年ロンドン世界選手権200m銅メダルのJ.リチャード(トリニダード・トバゴ)が20秒86で続いた。

女子400mはS.ジャクソン(ジャマイカ)が51秒40で優勝。ジャクソンは東京五輪100mで銅メダルを獲得しているが、16年リオ五輪では400m銅メダル、世界選手権でも2度(19年ドーハ、15年北京)銅メダルを取っている。
男子400mは12年ロンドン五輪・11年テグ世界選手権金メダルのK.ジェームス(グラナダ)が45秒63で制覇。女子三段跳は19年ドーハ世界選手権銀メダルのS.リケッツ(ジャマイカ)が14m15(+1.3)で勝利した。

男子100m(-5.6)はJ.ブレイク(カナダ)が10秒38でV。東京五輪200m4位の18歳・E.ナイトン(米国)が10秒39で2位に続き、19年ドーハ世界選手権200m金メダルのN.ライルズ(米国)も10秒39の同タイムながら着差ありの3位だった。

この大会では強い風が吹き荒れ、男子110mハードルのスタート前には約4m向かい風が吹いていた。この種目に出場予定だったG.ホロウェイ(米国)がスタートとフィニッシュを入れ替えることを申し入れたが受け入れられず、ホロウェイは欠場。世界選手権6位(17年ロンドン、19年ドーハ)のS.ブラスウェイト(バルバトス)が13秒78(-3.8)で優勝した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com