月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子100m日本王者の多田修平が10秒30、女子やり投の上田百寧は60mスロー 週末に好記録相次ぐ


4月9日~10日は全国的に好天に恵まれ、各地の競技会で好記録が相次いだ。

10日に埼玉県熊谷市で国武大、中大、城西大、東洋大、大東大、駿河台大、山梨学大による対校戦「岩壁杯対校選手権」が行われ、オープン種目の男子100mに昨年の日本選手権チャンピオンで東京五輪代表の多田修平(住友電工)が出場し、10秒30(+0.2)をマーク。女子100mオープンでは東京五輪4×100mリレーに出場した鶴田玲美(南九州ファミリーマート)が11秒79(+0.8)で組トップだった。学生では男子110mハードルで藤原孝輝(東洋大)が13秒(-1.8)で優勝。男子800mは呂比須聖一(駿河台大)が1分52秒44の大会新で制した。

9日、10日の両日に福岡市の博多の森競技場で行われた西日本記録会では女子やり投では、今春社会人になったばかりの上田百寧(ゼンリン)が60m32を放った。上田は4月5日時点の世界ランキングでは7月の世界選手権への出場圏内となる位置につけている。

大阪府記録会では3月の日本選手権室内男子60mを制した坂井隆一郎(大阪ガス)が100mで10秒25(±0)をマーク。全九州都市対抗女子100mでは城戸優来(福岡大)が11秒66(+1.9)の大会新記録でV。また、神奈川県相模原市で開催された四大学対校では女子100mハードルの玉置菜々子(国士大)が学生歴代5位タイの自己記録に並ぶ13秒26(+1.4)、男子砲丸投の奥村仁志(国士大)が自己記録にあと5cmと迫る17m41で優勝を飾った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com