月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

棒高跳の笹瀬弘樹が地元・静岡のクラブ「TOMORUN」監督兼選手に就任

静岡のクラブチーム「TOMORUN」は、所属している男子棒高跳の笹瀬弘樹が監督に就任したと発表した。

笹瀬は静岡県出身の32歳。新居中時代には2年生時から全中を連覇し、浜松市立高時代には5m41の高校記録を樹立し、インターハイも連覇した。早大では自己記録を5m50に更新し、17年に5m51を跳んでいる。今年3月の日本選手権室内では5位入賞。昨年よりTOMORUN所属となり、競技を継続しながらコーチを務めていたが、4月1日付で入社して陸上競技部の監督に就任した。

TOMORUNは2013年に立ち上がったクラブで、静岡を拠点にランニング教室やイベントなどを行っている。トップ選手の本格活動4年目となる今年は「TOMORUN陸上競技部」として実業団登録。笹瀬が監督兼選手、走高跳の太田蒼も所属している。笹瀬は「今までは現場のコーチとして皆様と対話してまいりましたが、これからは監督という肩書きがつきます。しかし、皆様との関わり方は変わりません。現場でより一層、皆様に寄り添い、声を聴き、会員さんの健康の向上や競技力の向上に貢献できればと思っております」とコメントしている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com