月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

阪口竜平がスポーツブランド「On」加入 日本人初「成長して世界の舞台で活躍」


オン・ジャパン株式会社は4月1日、男子中長距離の阪口竜平が加入すると発表した。日本人初となる「Onアスリート」となる。

阪口は京都・洛南高から東海大を経て、昨年度まではSGHグループに所属。1500mからハーフマラソン、駅伝までマルチに活躍し、専門とする3000m障害では19年に日本選手権で優勝し、昨年は日本歴代7位の8分23秒93をマークした。日本選手権では8位で東京五輪出場には至らなかった。

「On」はスイスで誕生したスポーツブランド。2020年には世界のエリートランナーと米国人コーチで「On Athletics Club(OAC)」を発足し、チームとして活動している。

阪口は所属先を通じ、「Onと共に挑戦、そして成長し、世界の舞台で活躍している姿を見届けていただければ」と意気込みをコメントしている。今後は複数の記録会を経て、4月24日の兵庫リレーカーニバルに出場を予定している。

■阪口竜平のコメント
「2022年のアメリカ・ニューヨークで開催された室内陸上競技大会、ミルローズゲームでOnアスリートが優勝している姿を見て、昔の自分と重なって見えました。世界に向けて挑戦しているOnの姿を見て共に成長しながら世界に挑戦したいと強く思いました。2019年に開催された世界陸上、そして昨年の東京オリンピック共にあと1秒のところで出場を逃しています。そのあと数秒をOnと共に挑戦、そして成長しながら縮めていき世界の舞台で活躍している姿を是非、皆さんに見届けて頂けたらと思います!」

タグ:

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com