月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

竹澤健介氏が摂南大ヘッドコーチに就任 女子陸上部発足を見据え長距離強化

摂南大は4月1日、竹澤健介氏が専任講師に着任し、陸上競技部ヘッドコーチに就任したと発表した。

竹澤氏は早大時代の2007年の大阪世界選手権10000m、翌年の北京五輪では5000m、10000m代表。5000m13分19秒00の日本学生記録(当時)を樹立したほか、箱根駅伝では2年時から3年連続で区間賞を獲得するなど大活躍を見せた。卒業後はエスビー食品、住友電工に所属して活躍。17年に現役を引退した後、19年4月から大経大のヘッドコーチを務め、出雲駅伝・全日本大学駅伝に導くなどした。同チームのヘッドコーチは3月31日付で退任している。

摂南大は「将来の女子陸上部発足(23年4月予定)と、女子駅伝出場を目指し、本格的な女性アスリートの育成に着手」する。2020年11月には寝屋川キャンパスにオールウェザー400mトラックを備えた東グラウンドが完成するなど、準備を整えている。4月3日には女子長距離種目のセレクションを開催するという。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com