月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

ウサイン・ボルト氏がeスポーツチームの共同オーナーに就任


男子100m、200mの世界記録保持者・ウサイン・ボルト氏(ジャマイカ)がeスポーツグループ「Wylde」の共同オーナーとなったことが発表された。Wyldeはアイルランド・ダブリンを拠点とし、国際的なeスポーツチームを複数所有・育成し、アカデミーも運営している。

ボルト氏は2009年に100m、200mの世界記録(9秒58、19秒19)を樹立、12年にはジャマイカチームで4×100mリレーでも36秒84の世界記録を打ち立てた。リレー含めると五輪で8個、世界選手権で11個の金メダルを獲得したレジェンド。過去のインタビューでは自身もゲームファンであることを語っており、現在もゲーマーであると話している。Wlydeでは「選手の心身の健康に気を配りながら、潜在能力を引き出す手助けをできるよう、リーダーと協同するのが楽しみだ」とコメントしている。

Wyldeもチームを所有する「Rocket League」はサッカーをモチーフとしたゲーム。今年8月にバーミンガムで開催されるコモンウェルスゲームに併催されるeスポーツチャンピオンシップでもプレイされるタイトルの一つとなっている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com