月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

Hondaの山中秀仁が現役引退 14年の学生ハーフマラソン優勝


Hondaは3月31日、山中秀仁の現役引退を発表した。

山中は大阪・興國高から日体大を経て、2016年に同社に入社。中学時代は府大会での入賞実績もなかったが、高校入学後に急成長。11年の都道府県対抗駅伝1区を13位で走り注目を集めた。同年のインターハイにも出場し、国体では5000mで9位に入っている。

日体大では、2年時の全日本大学駅伝2区で区間1位になると、箱根駅伝では1区区間歴代3位(当時)の好タイムで区間賞を獲得。2ヵ月後の日本学生ハーフマラソン選手権では優勝を果たした。その後は故障などでレースから遠ざかった時期もあったが、実業団ではニューイヤー駅伝などで活躍した。

山中は「日本一のチームで競技ができて幸せでした。今まで応援ありがとうございました!」とコメントした。

また、各実業団チームで引退、退部選手の発表が行われ、SUBARUは藤原滋記、中村拳梧、国川恭朗が引退し、住吉秀昭は九電工に移籍。中電工の小山大介、ヤクルトの浅石祐史、春日千速、NTNの押川裕貴、横井裕仁、住友電工の藤村行央、NTT西日本の監物稔浩、渡邊力将、森田諒太、西鉄の野中久徳、篠原義裕、第一生命の原田まつり、資生堂の日隈彩美、埼玉医大グループの臼田彩花が現役生活にピリオドを打った。

■山中秀仁コメント全文
「今季をもってHonda陸上競技部を勇退する事になりました。2回目の引退になりますが、今回はもう戻ってくることもありません!
ニューイヤー駅伝を4回走り、2位、3位を経験し、走ってはないですが、今年優勝する事ができました。
日本一のチームで競技ができて幸せでした。これからは社業に専念し、OBとして陸上競技部を応援していきたいと思います。今まで応援ありがとうございました!」

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com