月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子やり投五輪2大会連続出場の海老原有希さんが母校・国士大のコーチ就任へ

女子やり投の前日本記録保持者で、スズキ陸上競技部コーチの海老原有希さん(36歳)が3月末付で同社を退社。4月1日付で母校・国士大の講師となり、陸上競技部のコーチに就任することがわかった。

五輪には2012年ロンドン、16年リオの2大会連続、世界選手権には09年ベルリンから5大会連続で出場してきた海老原さん。栃木・真岡女高時代には七種競技でインターハイ優勝を果たすなど、マルチな能力を持って日本の女子やり投を牽引する選手となった。

国士大では2年時から世界ジュニア選手権5位、アジア大会銅メダル、ユニバーシアード8位入賞をキャリアを積み重ね、社会人2年目のベルリン世界選手権でシニアの世界大会に初出場。翌年のアジア大会では61m56の日本新記録で金メダルに輝くと、11年テグ世界選手権では女子投てき初の世界大会決勝進出を果たし、入賞にあと19㎝の9位に入った。

その後は日本記録を計3度更新し、生涯ベストは日本歴代2位の63m80(15年)。右膝に大きなケガを抱えながらも、ダイナミックな助走から放たれる大アーチで、多くのファンを魅了した。

17年シーズンを最後に現役を引退し、スズキのコーチとして第2のキャリアをスタート。その後、国士大大学院にも通い、指導者としての学びを進めていた。母校で、後輩にもあたる学生たちと新たな一歩を踏み出すことになった海老原さんは、「自分がこの大学で育ててもらったように、学生とともに成長していけたらと思っています」と抱負を語った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com