月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

英国のカーが1マイルで39年ぶり室内欧州新!1500mの通過で室内英国記録も32年ぶり更新


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

2月27日、米国ボストンで開催されたボストン大ラストチャンスミーティングの室内男子1マイルで、東京五輪男子1500m銅メダリストのJ.カー(英国)が3分48秒87で優勝し、39年ぶりに室内欧州新をマークした。従来の欧州欧州記録はE.コグラン(アイルランド)の3分49秒78(1983年)。カーの記録は室内世界歴代3位にあたる。

また、1500mのスプリットタイムは3分32秒86で室内英国記録を更新。1990年にP.エリオットが樹立した3分34秒20を32年ぶりに塗り替えた。欧州ではJ.インゲブリクセン(ノルウェー)に次ぐ歴代2位となる。

カーは現在24歳。昨年の東京五輪1500で銅メダルを獲得したほか、19年ドーハ世界選手権でも6位入賞。スコットランド出身で、大学は米国へ渡りニューメキシコ大学へ進学。現在はBrooks Beast TCに所属している。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com