月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

クロカン初タイトルを手にした松枝博輝「世界選手権で結果を残すことにこだわりたい」/日本選手権クロカン

◇第105回日本選手権クロスカントリー(2月26日/福岡・海の中道海浜公園)

シニア男子10kmは東京五輪5000m代表の松枝博輝(富士通)が意地を見せ、28分46秒でクロカン初タイトルを手にした。

前回大会は大学の後輩でもある三浦龍司(順大2年)に同タイムながら敗れ、2位だった松枝。その後、2人そろって東京五輪の代表に選ばれたが、3000m障害で日本人初の7位入賞を成し遂げた三浦に対し、5000mに出場した松枝は予選落ち。一時は引退も考えたほど落ち込んだが、「自分も三浦君のように外国人と競りあって、入賞するような選手を目指したい」と、もう一度立ち上がった。

今大会は1年ぶりの直接対決を楽しみにしていたが、三浦は体調不良のため欠場した。「勝ちにこだわりたい」と明言していた松枝は、いつものラスト勝負ではなく、前半から積極果敢に前に出た。

3周目にロープを避けようとしてコースアウトするアクシデントがあったが、諦めずに先頭集団に食らいつき、4周目で再び先頭へ。ラスト1周半はオープン参加の外国人選手に差を広げられたが「勝負に徹したレースができました。序盤から前に行けたところも良かったですが、世界で戦う選手を目指すなら、もっとガンガン引っ張っていかないと行けないですね」と収穫と反省を口にした。

神奈川・相洋高から順大へ。大学時代は関東インカレ1部5000m3位などの実績を誇り、4年時は駅伝主将としてチームを牽引した。富士通入社後は持ち前のスピードを磨き、2017年、19年に5000mで日本選手権を制覇。19年にはドーハ世界選手権出場も果たした。昨年はニューイヤー駅伝優勝にも貢献し、念願だった五輪の舞台も踏んだ。

今後は、4月の金栗記念選抜5000mでシーズンインする予定で、オレゴン世界選手権の参加標準記録(13分13秒50)突破を目指す。

「今年は5000mで日本記録(13分08秒40)も参加標準記録の突破も目指しますが、あくまで通過点。世界選手権でどれだけ結果を残せるかが第一なので、そこにこだわりたい」と、目の色を変えていた。

2位には大学生トップの葛西潤(創価大)、3位には池田耀平(カネボウ)が入り、高校生で唯一シニアのレースに参戦した1500m、3000m、5000mの高校記録保持者・佐藤圭汰(洛南高)は8位入賞。佐藤は「昨年はU20(8km)で優勝しましたが、アップダウンもあるし、距離も長くて、体験したことのないキツさでした。今日の収穫は、自分が弱いということが知れたこと」とレース後に悔しさをにじませた。

文/田端慶子

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com