月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

東京五輪代表・松枝博輝が終盤抜け出し初優勝! 女子は名城大の小林成美がV/日本選手権クロカン

第105回日本選手権クロスカントリーが26日に福岡・国営海の中道海浜公園の1周2kmのコースで行われ、男子10kmは東京五輪5000m代表の松枝博輝(富士通)が28分46秒で優勝を飾った。

序盤は松枝、坂東悠汰の富士通コンビが先頭集団を牽引。1500m、3000m、5000mの高校記録を持つ佐藤圭汰(洛南高3京都)も中盤までは集団前方に位置していたが、後半に入って遅れ始めた。

残り1周を過ぎ、先頭争いは松枝と葛西潤(創価大)の2人に絞られる。必至に食い下がる葛西だったが、徐々に松枝が引き離し、そのまま逃げ切った。

2位は5秒差で葛西、さらに5秒遅れて池田耀平(カネボウ)が3位に入り、注目の佐藤は8位と健闘した。

シニア女子8kmは小林成美(名城大)が猿見田裕香(ユニバーサルエンターテインメント)とのデッドヒートを制し、26分34秒で初優勝。猿見田は1秒差で2位、3位は川口桃佳(豊田自動織機TC)で26分45秒だった。

U20男子8kmは5000mで高校歴代5位の13分38秒96を持つ吉岡大翔(佐久長聖高2長野)が23分36秒で、同女子6kmは水本佳菜(薫英女学院高2大阪)が19分55秒でそれぞれ制し、男女とも2年生が1位、2位までを占めた。

■上位成績
●男子10km
1)松枝博輝(富士通)    28.46
2)葛西 潤(創価大)    28.51
3)池田耀平(カネボウ)   28.56
4)塩尻和也(富士通)    29.00
5)坂東悠汰(富士通)    29.06
6)市田 孝(旭化成)    29.09
7)篠原倖太朗(駒大)    29.12
8)佐藤圭汰(洛南高・京都) 29.18

●女子8km
1)小林成美(名城大)      26.34
2)猿見田裕香          26.35
(ユニバーサルエンターテインメント)
3)川口桃佳(豊田自動織機)   26.45
4)出水田眞紀(第一生命グループ)26.54
5)山中柚乃(愛媛銀行)     27.02
6)倉岡奈々(鹿児島銀行)    27.04
7)山ノ内みなみ(鹿児島陸協)  27.06
8)北川星瑠(大阪芸大)     27.08

●男子U20・8km
1)吉岡大翔(佐久長聖高・長野) 23.36
2)南坂柚汰(倉敷高・岡山)   23.39
3)長嶋幸宝(西脇工高・兵庫)  23.46
4)溜池一太(洛南高・京都)   23.49
5)荒巻朋照(大牟田高・福岡)  23.53
6)西村真周(自由ケ丘高・福岡) 23.54
7)山崎 丞(中越高・新潟)   23.56
8)玉目 陸(出水中央高・鹿児島)24.02

●女子U20・6km
1)水本佳菜(薫英女学院高・大阪)  19.55
2)松本明莉(筑紫女学園高・福岡)  20.03
3)並木美乃(常磐高・群馬)     20.08
4)溝上加菜(ルーテル女学院高・熊本)20.09
5)中才茉子(筑紫女学園高・福岡)  20.10
6)村岡美玖(長野東高・長野)    20.15
7)細谷愛子(立命館宇治高・京都)  20.18
8)西澤茉鈴(薫英女学院高・大阪)  20.31

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com