HOME ニュース、国内

2022.02.25

「良いスタートを切りたい」三浦龍司、坂東悠汰、松枝博輝、小林成美が意気込み/日本選手権クロカン前日会見
「良いスタートを切りたい」三浦龍司、坂東悠汰、松枝博輝、小林成美が意気込み/日本選手権クロカン前日会見

2月26日の日本選手権クロスカントリー(福岡・国営海の中道海浜公園)の前日会見が福岡市内のホテルで行われ、男子の三浦龍司(順大)、坂東悠汰松枝博輝(ともに富士通)、女子の小林成美(名城大)が登壇し、報道陣の質疑応答に応えた。

前回覇者で、昨年は夏の東京五輪で3000m障害7位入賞の快挙を達成した三浦は「昨年も優勝して、それが3000m障害につながった。今年も良いスタートを切りたい」とコメント。今年の夏に控えるオレゴン世界選手権について、「大きな目標として掲げている2年後のパリ五輪に向けての脚作りや経験の意味合いが強い。7分台を掲げているので、(出場できれば)自分の伸びしろを感じられるような大会にしたい」と意気込んだ。

昨年の東京五輪5000m代表で、法大4年時だった3年前に優勝している坂東は「練習の一環として出場」としながら、「前回優勝した年はトラックで自己記録を更新したり、日本選手権に出場したりと好成績につながった。今年も同じように良い流れでスタートし、目標にしている5000mでの世界選手権出場につなげていきたい」と話した。

同じく東京五輪5000mに出場した前回2位の松枝は「サンドセクションが勝負どころになる」と予想。「トラックを極めている選手が多く出場しますが、強化の一環の中でも勝つことが大切。去年は三浦選手に負けているので、今年は勝ちたい」と力強く語った。

すでに10000mで世界選手権の参加標準記録を突破済みの小林は、2月上旬に痛めたケガからの復帰途上で「春のトラックシーズンに向けての現状確認のつもりでレースに臨みたい」とコメント。コースについては「起伏がポイント」と分析し、「一周一周大切にしていきたい」と話した。

第105回日本選手権クロスカントリー・第37回U20日本選手権クロスカントリーは、2月26日、福岡県・国営海の中道海浜公園クロスカントリーコースで開催。U20男子(8km)が13:50、U20女子(6km)が14:30、シニア女子(8km)が15:00、シニア男子(10km)が15:40スタート。大会の模様は15:30から、RKB毎日放送が中継を担当し、TBS系列JNN全国28局ネットで放送される予定。

2月26日の日本選手権クロスカントリー(福岡・国営海の中道海浜公園)の前日会見が福岡市内のホテルで行われ、男子の三浦龍司(順大)、坂東悠汰、松枝博輝(ともに富士通)、女子の小林成美(名城大)が登壇し、報道陣の質疑応答に応えた。 前回覇者で、昨年は夏の東京五輪で3000m障害7位入賞の快挙を達成した三浦は「昨年も優勝して、それが3000m障害につながった。今年も良いスタートを切りたい」とコメント。今年の夏に控えるオレゴン世界選手権について、「大きな目標として掲げている2年後のパリ五輪に向けての脚作りや経験の意味合いが強い。7分台を掲げているので、(出場できれば)自分の伸びしろを感じられるような大会にしたい」と意気込んだ。 昨年の東京五輪5000m代表で、法大4年時だった3年前に優勝している坂東は「練習の一環として出場」としながら、「前回優勝した年はトラックで自己記録を更新したり、日本選手権に出場したりと好成績につながった。今年も同じように良い流れでスタートし、目標にしている5000mでの世界選手権出場につなげていきたい」と話した。 同じく東京五輪5000mに出場した前回2位の松枝は「サンドセクションが勝負どころになる」と予想。「トラックを極めている選手が多く出場しますが、強化の一環の中でも勝つことが大切。去年は三浦選手に負けているので、今年は勝ちたい」と力強く語った。 すでに10000mで世界選手権の参加標準記録を突破済みの小林は、2月上旬に痛めたケガからの復帰途上で「春のトラックシーズンに向けての現状確認のつもりでレースに臨みたい」とコメント。コースについては「起伏がポイント」と分析し、「一周一周大切にしていきたい」と話した。 第105回日本選手権クロスカントリー・第37回U20日本選手権クロスカントリーは、2月26日、福岡県・国営海の中道海浜公園クロスカントリーコースで開催。U20男子(8km)が13:50、U20女子(6km)が14:30、シニア女子(8km)が15:00、シニア男子(10km)が15:40スタート。大会の模様は15:30から、RKB毎日放送が中継を担当し、TBS系列JNN全国28局ネットで放送される予定。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top