月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子1500mでツェガイが3分54秒77の今季世界最高!女子60mはスウォボダが五輪金メダリスト破る/WA室内ツアー

写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

2月22日、ポーランド・トルンでWA(世界陸連)室内ツアー・ゴールドの競技会が開催され、女子1500mでG.ツェガイ(エチオピア)が大会新、今季世界最高の3分54秒77で優勝した。自身の持つ室内世界記録(3分53秒09、21年)に次ぐパフォーマンス世界歴代2位の好記録だった。

ツェガイは2019年のドーハ世界選手権1500mで銅メダルを獲得すると、昨年の東京五輪は5000mで銅メダル。同年は1500mの室内世界記録に加え、5000mで世界歴代5位の14分13秒32、10000mで同歴代6位の29分39秒42と幅広い種目で躍進した。

女子60mではE.スウォボダ(ポーランド)が大会新の7秒03で優勝した。東京五輪100m、200m金メダルのE.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ)を破る大金星だった。

スウォボダは2016年U20世界選手権の銀メダリスト。16年リオ五輪、17年ロンドン世界選手権、19年ドーハ世界選手権では100mに出場し、いずれも準決勝進出。東京五輪は代表に選ばれていたものの出場していない。今季は室内60mで今季世界最高、ポーランド室内記録の7秒00をマークしている。

女子400mは東京五輪400mハードル銅メダルのF.ボル(オランダ)が今季世界最高の50秒64でV。大会記録も更新した。男子砲丸投ではF.ミハリエヴィッチ(クロアチア)が今季世界最高の21m84を投げて優勝した。男子棒高跳はアジア記録保持者・E.オビエナ(フィリピン)が5m81で制した。

男子3000mは東京五輪3000m障害銀メダルのL.ギルマ(エチオピア)が 7分31秒09で1位。男子800mはE.ジャイルズ(英国)が1分45秒42で勝った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com