月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

駒大・田澤廉 小学生時代に「嫌々」始めた陸上で世界を目指すまで


昨年12月に男子10000mで田澤廉(駒大)はオレゴン世界選手権の参加標準記録を突破した。27分23秒44は日本歴代2位、日本人学生最高記録。今や学生長距離界にとどまらず、長距離界の担い手となった田澤だが、陸上を始めたのは「嫌々」だったとか。陸上との出合いから、世界を意識し始めたきっかけなどを聞いた。

――陸上との出合いは地域の陸上クラブだそうですね。
田澤 自分は嫌だったのですが、親の一存で「八戸陸上クラブ」に入会しました。日曜日の午前中にドリルなどを教わっていたと思いますが……。嫌々だったので、あまり覚えていないです(笑)。

小4~6の時は野球をやっていました。小さい学校なので、バスケと野球の2つしかなかったんです。活動は毎日。学校が終わってから着替えて、だいたい7時くらいまで。ユニフォームのまま家に帰って、野球道具を置いて自分で走っていました。

――陸上や駅伝を観戦した記憶は……。

田澤 ないです。興味がなかったので。当時は箱根駅伝のことも知らなかったですし、世界選手権も。オリンピックというものは認知していましたけど、その中に陸上競技があることすらわかっていなかったです。

でも、小学校の頃に「自分の夢を書いてください」という授業があって、「マラソンで一番速い選手になる」と書きました。マラソン大会で負けて悔しくなってからは陸上をやろうと思い始めたので、それがその時の夢です。

――小学校のクラブが嫌々だったのに、中学で陸上部に入った動機は?

田澤 小学校の高学年の時のマラソン大会で負けて悔しかったことがきっかけです。S&B杯ちびっ子健康マラソン大会。毎日走っていたこともあって、大会では上位に食い込むことが多かったんですね。

――高校時代(青森山田高)で印象的だったことは。

田澤 1年生の時にだいぶ良い結果を出して、そのまま行けると思ったのですが……。インターハイや国体で井川(龍人、九州学院高、現・早大)に勝てなくて。自分のほうが持ちタイムがいいはずなんですけど、いざ戦うとなった時に気持ちで負けていました。「井川以外に負けなければいいや」という考えだったんです。精神的にかなり弱かった。高校時代を振り返って思うところはそこですね。

大学に来てから思ったのですが、陸上競技は気持ちで変わるということ。目指しているところが低ければ、そこまでしかいかない。志を高く持ってそれに取り組む過程が大事だと、こうして4年目を迎えるまでの時間で感じてきました。

――オレゴン世界選手権の参加標準記録を突破していますが、世界大会が具体的に意識に入ってきたのはいつ頃でしょう。

田澤 1年生の2月、アメリカ・オレゴンで合宿した時です。富士通監督の福島正さんが、「10000mでオリンピック行けるんじゃないの?」みたいな感じで仰ってくれました。それをきっかけに自分で考えてみて、10000mは一番自信があるステージだったので、それから「行けるかもしれない」と思い始めて、東京五輪を目指すようになりました。

――出場があと一歩で叶わなかった東京五輪10000mを観戦して感じたことは?

田澤 悔しかったです。自分だったらどれくらい走れていたか。出られなかった立場なのに自分を重ねて考えてしまって、そこに立てていない自分に対して悔しくなりました。

――オレゴン世界選手権に向けた意気込みを聞かせてください。

田澤 まずは日本選手権が5月にあるので、そこで1番を取って気持ち良く(代表を)決めたいと思っています。舞台に立てたら「入賞」を見据えて頑張りたいです。

***

2月14日に発売した「月刊陸上競技3月号」ではオレゴン世界選手権特集として田澤廉にインタビュー。これまでの歩みやオレゴン世界選手権に向けたより具体的なプランを聞いた。

月刊陸上競技3月号購入はこちら

Amazon楽天ブックス/ウェブショップ

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com