HOME 駅伝、箱根駅伝

2022.01.03

1区・吉居大和(中大)と9区・中村唯翔(青学大)がMVPの金栗杯受賞いずれも区間新の快走/箱根駅伝
1区・吉居大和(中大)と9区・中村唯翔(青学大)がMVPの金栗杯受賞いずれも区間新の快走/箱根駅伝


◇第98回箱根駅伝・復路(神奈川・箱根町~東京・大手町/5区間109.6km)

大会MVPに当たる金栗四三杯には、中大の吉居大和(2年)と青学大の中村唯翔(3年)の2人に贈られた。

吉居は1区区間賞。1時間0分40秒で、2007年に佐藤悠基(東海大)が樹立した1時間1分06秒の“不滅”と言われた最古の区間記録を塗り替えた。

前日のレース後は「ある程度のペースならついていって、ラストの3kmを意識していた。先輩方に楽をしていただけるように、後ろとできるだけ差をつけたいという思いがあった」と走りを振り返っている。

金栗杯受賞について「走るまでまったく考えていなかったのでビックリ。とてもうれしいです」と吉居。区間記録更新は「自分のペースで押していって(更新)できたので、力がついてきたんだなと終えました」と振り返った。今年の目標には「5000mでオレゴン世界選手権の参加標準記録(13分13秒50)をクリアして出られるよう頑張ります」とコメントしている。

中村は9区で区間賞を獲得して青学大の優勝に貢献。佐藤の区間記録の次に古い2008年の篠藤淳(中央学大)の1時間8分01秒を46秒も更新する区間新だった。

中村は「素直にうれしいです」と受賞の喜びを語り、「区間記録は狙っていました。ひたすら優勝したいと思い、先導バイクを選手だと思ってはしりました」と振り返る。

同期には近藤幸太郎ら強い選手がそろい、「同期の活躍が刺激になりました。3年生が8人エントリーされましたが、走れなかった選手の分まで走りました」と仲間の思いもこもった快走だった。

◇第98回箱根駅伝・復路(神奈川・箱根町~東京・大手町/5区間109.6km) 大会MVPに当たる金栗四三杯には、中大の吉居大和(2年)と青学大の中村唯翔(3年)の2人に贈られた。 吉居は1区区間賞。1時間0分40秒で、2007年に佐藤悠基(東海大)が樹立した1時間1分06秒の“不滅”と言われた最古の区間記録を塗り替えた。 前日のレース後は「ある程度のペースならついていって、ラストの3kmを意識していた。先輩方に楽をしていただけるように、後ろとできるだけ差をつけたいという思いがあった」と走りを振り返っている。 金栗杯受賞について「走るまでまったく考えていなかったのでビックリ。とてもうれしいです」と吉居。区間記録更新は「自分のペースで押していって(更新)できたので、力がついてきたんだなと終えました」と振り返った。今年の目標には「5000mでオレゴン世界選手権の参加標準記録(13分13秒50)をクリアして出られるよう頑張ります」とコメントしている。 中村は9区で区間賞を獲得して青学大の優勝に貢献。佐藤の区間記録の次に古い2008年の篠藤淳(中央学大)の1時間8分01秒を46秒も更新する区間新だった。 中村は「素直にうれしいです」と受賞の喜びを語り、「区間記録は狙っていました。ひたすら優勝したいと思い、先導バイクを選手だと思ってはしりました」と振り返る。 同期には近藤幸太郎ら強い選手がそろい、「同期の活躍が刺激になりました。3年生が8人エントリーされましたが、走れなかった選手の分まで走りました」と仲間の思いもこもった快走だった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top