月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

1区・吉居大和(中大)と9区・中村唯翔(青学大)がMVPの金栗杯受賞いずれも区間新の快走/箱根駅伝


◇第98回箱根駅伝・復路(神奈川・箱根町~東京・大手町/5区間109.6km)

大会MVPに当たる金栗四三杯には、中大の吉居大和(2年)と青学大の中村唯翔(3年)の2人に贈られた。

吉居は1区区間賞。1時間0分40秒で、2007年に佐藤悠基(東海大)が樹立した1時間1分06秒の“不滅”と言われた最古の区間記録を塗り替えた。

前日のレース後は「ある程度のペースならついていって、ラストの3kmを意識していた。先輩方に楽をしていただけるように、後ろとできるだけ差をつけたいという思いがあった」と走りを振り返っている。

金栗杯受賞について「走るまでまったく考えていなかったのでビックリ。とてもうれしいです」と吉居。区間記録更新は「自分のペースで押していって(更新)できたので、力がついてきたんだなと終えました」と振り返った。今年の目標には「5000mでオレゴン世界選手権の参加標準記録(13分13秒50)をクリアして出られるよう頑張ります」とコメントしている。

中村は9区で区間賞を獲得して青学大の優勝に貢献。佐藤の区間記録の次に古い2008年の篠藤淳(中央学大)の1時間8分01秒を46秒も更新する区間新だった。

中村は「素直にうれしいです」と受賞の喜びを語り、「区間記録は狙っていました。ひたすら優勝したいと思い、先導バイクを選手だと思ってはしりました」と振り返る。

同期には近藤幸太郎ら強い選手がそろい、「同期の活躍が刺激になりました。3年生が8人エントリーされましたが、走れなかった選手の分まで走りました」と仲間の思いもこもった快走だった。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com