月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

上位候補の東海大は史上初10時間台でシード落ち、早大、明大も予選会へ/箱根駅伝


◇第98回箱根駅伝(神奈川・箱根町~東京・大手町/10区間217.1km)

中大が10年ぶりシード権獲得、東京国際大が過去最高タイとなる5位、法大が3年ぶりのシード権となる10位に入った。一方、上位候補に挙がっていたチームがシード権を逃す波乱もあった。

東海大は10区で法大に逆転を許して11位。8年ぶりにエース・石原翔太郎(2年)をケガで欠くなど苦戦が予想されたが、往路では1区・市村朋樹(4年)が区間3位など流れをつくり、10位でフィニッシュ。復路は7区以降8位をキープして10区を迎えたが、アンカーの吉冨裕太(4年)が区間19位と苦しい走りとなって残り1kmで法大にかわされた。東海大の記録は10時間59分38秒。11時間を切ったチームがシード権を逃したのは初めてのこと。

10000m27分台を史上初めて3人そろえた早大だったが、そのうちの2人である1区・井川龍人、2区・中谷雄飛(4年)が区間ふたケタと力を発揮できず、往路11位、復路も12位に沈み、総合で13位とシード権を逃した。

予選会トップ通過だった明大は往路17位と大苦戦。復路では7区の富田峻平(3年)が区間2位と気を吐いたが、14位でフィニッシュ。

いずも今年の箱根駅伝予選会に回ることとなった。

■箱根駅伝 シード権を逃した総合11位以下の順位
11位 東海大 10.59.38
12位 神奈川大11.00.00
13位 早大  11.00.03
OP 学生連合11.00.25
14位 明大  11.00.28
15位 国士大 11.03.06
16位 中央学大11.07.33
17位 日体大 11.11.11
18位 山梨学大11.11.21
19位 駿河台大11.13.42
20位 専大  11.15.09

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com