月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

富士通がニューイヤー駅伝の優勝旗「所在不明」を発表 11月に判明、現在も捜索


富士通は2021年1月1日の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)を優勝した際に受け取った優勝旗を紛失していたと発表した。

優勝旗は東京にある本社事務所で保管されていたが、6月以降にフロア移動などによって保管場所を複数回変更しており、「紛失、誤廃棄、盗難等の可能性も含めて」調査しているが、現在も発見できていないという。なお、優勝杯については保管できている。

同社は経緯を説明するとともに、「日本実業団連合様、歴代の優勝チーム・選手をはじめとする陸上競技関係者、陸上競技ファンの皆様、その他多くの皆様に深くお詫び申し上げます」と謝罪した上で、「今後も捜索に全力を尽くす」「重く受け止め管理体制の徹底に取り組む」としている。

富士通は中村匠吾、鈴木健吾、塩尻和也らを擁して今年のニューイヤー駅伝で12年ぶりの3度目の優勝。11月の東日本実業団対抗も制し、来年の出場権も獲得して連覇を目指している。

【所在不明のもの】
・全日本実業団対抗駅伝競走大会の優勝旗
棒:全長201cm、
旗:縦(フリンジ有)106cm、横(フリンジ有)115cm ※フリンジとは黄色いひも状の装飾
・同旗の保管ケース
【富士通発表の経緯】
1月1日 日本実業団陸上競技連合から優勝旗を受領
1月5日 当社本社事務所(汐留シティセンター)8階の総務部門内で保管
6月7日 本社事務所のフロア移動により総務部門の事務所を 8階から31階に移動
6月12日 8階の廃棄物を処分し、残置した保管品を9階に移動、その後8階は解約
     ※この時点までは、優勝旗の所在を確認していたとしている。
9月12日 9階の廃棄物を処分
9月17日 9階の保管品を24階に移動、その後9階は解約
11月27日 総務部担当者が優勝旗の所在不明に気づき捜索開始
12月8日 日本実業団陸上競技連合に一報

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com