月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

帝京大 「往路優勝、総合3位以内」へ一丸 前回5区区間賞の細谷「上りも下りもトータルで負けない」


来年1月2日、3日の第98回箱根駅伝に出場する帝京大の共同記者会見と公開練習が12月15日、帝京大八王子キャンパスで行われた。

記者会見には、中野孝行監督および橋本尚斗主将ら16人のエントリーメンバーと樋口雄平主務が出席。「今年の箱根駅伝は8位で、現4年生が6人走ったが、納得のいく結果ではなかった。自分の任された区間で結果を出すという思いでチームを引っ張ってきた。総合3位以内を絶対にとる」と主将の橋本は意気込んだ。

11月の全日本大学駅伝では13位に終わり、4年ぶりにシード権を失ったが、箱根の目標はブレることなく『往路優勝、総合3位以内』。そのためのレースプランについて、中野監督は「これから考えます」と話した上で、「2週間前からレースを想定した練習に移行して、他の大学の出方を見ながら考えたい。レースはナマモノ、生き物なので、対応できるようにしていきたい」と本番に向けてじっくりと練り上げるつもりだ。

往路でチームに勢いをもたらす走りを誓うのは、3年連続で3区を担い、この区間の日本人最高タイムを持つ遠藤大地(4年)だ。大学で第一線を退くことを決めている遠藤は「最後の箱根駅伝になるので、しっかり出し切って終わりたい。最後も3区を走りたい」と、持ち味の積極果敢なレースを見せるつもりだ。

また、山上りには前回5区区間賞の細谷翔馬(4年)がいるのも大きなアドバンテージだろう。「上りだけでなく、下りもしっかり走れるのが自分の強み。上り、下りを合わせたトータルで負けないようにしたい」と自信を覗かせる。

不振だった全日本の後は、法大との合同20kmタイムトライアルや関東学連10000m記録挑戦会で好記録が続出。箱根のメンバー選考を兼ねた11月30日から12月7日の伊豆大島合宿も、荒天で1日帰寮が早まったが、練習は予定通りこなすことができた。箱根に向けてチームの調子は確実に上向いている。

記者会見では、副主将の平石佑馬や國本尚希らメンバーから外れた4年生が受付などの裏方を担っていた。「4年生の先輩方が良い雰囲気を作ってくださっています」と3年生の樋口主務。正月は選ばれた16人だけでなく、部員57人全員で戦う。

記者会見に先立って、フランスベッド株式会社とのユニフォームロゴスポンサーの契約調印式が行われた。出雲駅伝、全日本大学駅伝に続き、帝京大学の選手たちはフランスベッドのロゴ入りユニフォームを着用し、箱根路に臨む。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com