月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

日本陸上の父・織田幹雄氏に「WA世界遺産」日本初の五輪金メダル


日本陸連は、世界陸連の陸上世界遺産ともいえる「ヘリテージプラーク」に織田幹雄氏が選出されたと発表した。

世界陸連ヘリテージプラークは、「世界の陸上界において、多大なる貢献を果たした個人や団体に贈られるもので、今回、織田氏は「Legend」のカテゴリーで選ばれた。

織田氏は1905年広島県生まれ。県立広島中学校(のちの広島一中、※現・広島国泰寺高)、広島高等師範学校臨時教員養成所を経てから早大競走部へ。15歳で陸上をはじめ、最初は走高跳に取り組んだ。その後、走幅跳、三段跳にも挑戦。17歳で走高跳、走幅跳で当時の日本記録を樹立した。1924年パリ五輪に走高跳と三段跳で出場し、三段跳では日本陸上界初の入賞(6位)を果たす。

1928年アムステルダム五輪の三段跳で15m21で金メダルを獲得。これは日本人初、アジア人個人初のオリンピック金メダルだった。1931年には三段跳で15m58の世界記録を樹立。1932年ロス五輪にはコーチ、主将、選手として出場し、旗手も務めた。その後はケガのため一線から退き、指導者として全国を巡回。戦後も陸上界の育成・発展に大きく貢献し、早大教授、IAAF(当時・国際陸連)技術委員、日本陸連名誉会長など各要職を歴任したのち1998年に他界した。「日本陸上界の父」と呼ばれ、毎年4月に広島で行われる春のグランプリは氏の功績を称え「織田幹雄記念」と冠がついている。

なお、織田氏に送られたプラーク(盾)は日本オリンピックミュージアムに展示される予定。

ヘリテージプラークは2018年12月に創設。授賞カテゴリーは、①City(都市:複数の国際大会のホストシティ)②Competitions(大会)③Legend(レジェンド:選手、コーチ、役員)④Landmarks(ランドマーク:競技場等)⑤Culture(カルチャー:映像、出版物等)に分かれている。これまで、日本では南部忠平氏、箱根駅伝、小出義雄氏、陸上競技マガジン、福岡国際マラソンが選ばれている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com