HOME 駅伝、箱根駅伝

2021.12.10

【箱根駅伝エントリー】シード返り咲き狙う日体大 エース・藤本珠輝、上り調子の大畑、盛本、ルーキー・分須ら主力が登録
【箱根駅伝エントリー】シード返り咲き狙う日体大 エース・藤本珠輝、上り調子の大畑、盛本、ルーキー・分須ら主力が登録


第98回箱根駅伝(2022年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。

予選会を3位で通過した日体大は、5000mで日体大記録となる13分32秒58を持つエースの藤本珠輝(3年)、今季自己ベストを連発している大畑怜士、予選会でチーム内2番だった盛本聖也(3年)ら、主力選手が名を連ねた。前回5区の村越凌太ら、同10区の名村樹哉(3年)もしっかりエントリー。ルーキーでは全日本7区に入った分須尊紀もメンバーに入った。

経験を積ませる狙いもあった全日本を走った佐藤慎巴(4年)、大森椋太(2年)、水金大亮(2年)も登録。前回メンバー、予選会上位選手と足並みがそろってきた印象がある。

総合優勝10回を誇るが、シード権は至近3大会で逃している。玉城良二監督2年目でしっかりとシード返り咲きなるか。

12月29日に区間エントリー10人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。

■日体大のエントリー選手16名(カッコ内は学年、出身校)
◎前回14位、予選会3位、全日本15位
大内 宏樹(4年/松山商高・愛媛)
大畑 怜士(4年/島田高・静岡)
岡嶋  翼(4年/遊学館高・石川)主将
加藤 広之(4年/学法石川高・福島)
佐藤 慎巴(4年/埼玉栄高・埼玉)
九嶋 大雅(3年/伊賀白鳳高・三重)
高津 浩揮(3年/九州学院高・熊本)
名村 樹哉(3年/四日市工高・三重)
藤本 珠輝(3年/西脇工高・兵庫)
村越 凌太(3年/埼玉栄高・埼玉)
盛本 聖也(3年/洛南高・京都)
漆畑 徳輝(2年/山梨学院高・山梨)
大森 椋太(2年/玉野光南高・岡山)
水金 大亮(2年/報徳学園高・兵庫)
吉冨 純也(2年/大牟田高・福岡)
分須 尊紀(1年/東農大二高・群馬)

第98回箱根駅伝(2022年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。 予選会を3位で通過した日体大は、5000mで日体大記録となる13分32秒58を持つエースの藤本珠輝(3年)、今季自己ベストを連発している大畑怜士、予選会でチーム内2番だった盛本聖也(3年)ら、主力選手が名を連ねた。前回5区の村越凌太ら、同10区の名村樹哉(3年)もしっかりエントリー。ルーキーでは全日本7区に入った分須尊紀もメンバーに入った。 経験を積ませる狙いもあった全日本を走った佐藤慎巴(4年)、大森椋太(2年)、水金大亮(2年)も登録。前回メンバー、予選会上位選手と足並みがそろってきた印象がある。 総合優勝10回を誇るが、シード権は至近3大会で逃している。玉城良二監督2年目でしっかりとシード返り咲きなるか。 12月29日に区間エントリー10人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。 ■日体大のエントリー選手16名(カッコ内は学年、出身校) ◎前回14位、予選会3位、全日本15位 大内 宏樹(4年/松山商高・愛媛) 大畑 怜士(4年/島田高・静岡) 岡嶋  翼(4年/遊学館高・石川)主将 加藤 広之(4年/学法石川高・福島) 佐藤 慎巴(4年/埼玉栄高・埼玉) 九嶋 大雅(3年/伊賀白鳳高・三重) 高津 浩揮(3年/九州学院高・熊本) 名村 樹哉(3年/四日市工高・三重) 藤本 珠輝(3年/西脇工高・兵庫) 村越 凌太(3年/埼玉栄高・埼玉) 盛本 聖也(3年/洛南高・京都) 漆畑 徳輝(2年/山梨学院高・山梨) 大森 椋太(2年/玉野光南高・岡山) 水金 大亮(2年/報徳学園高・兵庫) 吉冨 純也(2年/大牟田高・福岡) 分須 尊紀(1年/東農大二高・群馬)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top