HOME 駅伝、箱根駅伝

2021.12.10

【箱根駅伝エントリー】山梨学大は前回4区区間賞オニエゴ、大黒柱の松倉唯斗、前回1区の新本らがメンバーに入り
【箱根駅伝エントリー】山梨学大は前回4区区間賞オニエゴ、大黒柱の松倉唯斗、前回1区の新本らがメンバーに入り

第98回箱根駅伝(2022年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。

前回19位に沈んだ山梨学大は予選会を4位通過で、35回目の出場を決めた。留学生は前回4区区間賞のポール・オニエゴ(4年)が入り、もう一人の留学生であるボニフェス・ムルアは登録外。予選会でオニエゴに続いた主将の松倉唯斗(4年)、木山達哉(3年)らも順当にメンバー入りした。

秋になって10000mで28分台をマークした坪井海門(4年)、伊東大暉(3年)らも名を連ねる。前回1区の新本駿も入ったが、同3区の島津裕太は登録されなかった。

前々回、初出場からの連続出場が33でストップしたが、今回は6年ぶりシード権獲得に向けてチームを立て直しにかかる。

12月29日に区間エントリー10人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。

■山梨学大のエントリー選手16名(カッコ内は学年、出身校)
◎前回19位、予選会4位
川口航士郎(4年/東海大山形高・山形)
坪井 海門(4年/明成高・宮城)
成毛 志優(4年/富里高・千葉)
ポール・オニエゴ(4年/モゴンガ高・ケニア)
松倉 唯斗(4年/明成高・宮城)主将
矢島 洸一(4年/山梨学院高・山梨)
石部 夏希(3年/相洋高・神奈川)
伊東 大暉(3年/鹿児島実高・鹿児島)
岩谷  翼(3年/学法石川高・福島)
橘田 大河(3年/山梨学院高・山梨)
木山 達哉(3年/尽誠学園高・香川)
篠原  楓(3年/新居浜東高・愛媛)
北村 惇生(2年/世羅高・広島)
新本  駿(2年/報徳学園高・兵庫)
高木 翔瑛(2年/熊本工高・熊本)
高田 尚暉(1年/花輪高・秋田)

第98回箱根駅伝(2022年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。 前回19位に沈んだ山梨学大は予選会を4位通過で、35回目の出場を決めた。留学生は前回4区区間賞のポール・オニエゴ(4年)が入り、もう一人の留学生であるボニフェス・ムルアは登録外。予選会でオニエゴに続いた主将の松倉唯斗(4年)、木山達哉(3年)らも順当にメンバー入りした。 秋になって10000mで28分台をマークした坪井海門(4年)、伊東大暉(3年)らも名を連ねる。前回1区の新本駿も入ったが、同3区の島津裕太は登録されなかった。 前々回、初出場からの連続出場が33でストップしたが、今回は6年ぶりシード権獲得に向けてチームを立て直しにかかる。 12月29日に区間エントリー10人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。 ■山梨学大のエントリー選手16名(カッコ内は学年、出身校) ◎前回19位、予選会4位 川口航士郎(4年/東海大山形高・山形) 坪井 海門(4年/明成高・宮城) 成毛 志優(4年/富里高・千葉) ポール・オニエゴ(4年/モゴンガ高・ケニア) 松倉 唯斗(4年/明成高・宮城)主将 矢島 洸一(4年/山梨学院高・山梨) 石部 夏希(3年/相洋高・神奈川) 伊東 大暉(3年/鹿児島実高・鹿児島) 岩谷  翼(3年/学法石川高・福島) 橘田 大河(3年/山梨学院高・山梨) 木山 達哉(3年/尽誠学園高・香川) 篠原  楓(3年/新居浜東高・愛媛) 北村 惇生(2年/世羅高・広島) 新本  駿(2年/報徳学園高・兵庫) 高木 翔瑛(2年/熊本工高・熊本) 高田 尚暉(1年/花輪高・秋田)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top