月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

【箱根駅伝エントリー】名門・中大が復活の兆し 吉居大和、森凪也、三浦拓朗らがメンバー入りも千守が外れる10年ぶりシード獲得なるか


第97回箱根駅伝(2022年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。

名門・中大が復活の兆しを見せている。全日本大学駅伝は10年ぶりにシード権を獲得。その中心であるエースの吉居大和(2年)らが順当に登録された。4年生は全日本で5区区間3位と好走した三浦拓朗、同8区の手島駿、そして全日本は出場を見送ったが前回2区の森凪也ら5人が入った。

前回6区5位の若林陽大(3年)、予選会でチーム2番目だったルーキーの阿部陽樹もメンバー入り。主力どころでは2大会連続1区の千守倫央、全日本6区の山口大輔は登録外だった。

出場95回、優勝14回はいずれも最多。前回は復路3位、今季は全日本のシード権と、徐々に輝きを取り戻している名門が10年ぶりのシード権を狙う。

12月29日に区間エントリー10人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。

■中大のエントリー選手16名(カッコ内は学年、出身校)
◎前回12位、予選会2位、全日本8位
井上 大輝(4年/須磨学園高・兵庫)主将
倉田 健太(4年/三条高・新潟)
手島  駿(4年/國學院久我山高・東京)
三浦 拓朗(4年/西脇工高・兵庫)
森  凪也(4年/福岡大大濠高・福岡)
助川 拓海(3年/水城高・茨城)
田井野悠介(3年/世羅高・広島)
中澤 雄大(3年/学法石川高・福島)
若林 陽大(3年/倉敷高・岡山)
居田 優太(2年/草津東高・滋賀)
園木 大斗(2年/開新高・熊本)
中野 翔太(2年/世羅高・広島)
湯浅  仁(2年/宮崎日大高・宮崎)
吉居 大和(2年/仙台育英高・宮城)
阿部 陽樹(1年/西京高・山口)
東海林宏一(1年/山形南高・山形)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com