月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

洛南が大会新記録の2時間2分43秒で4連覇! 女子は立命館宇治が接戦を制して20回目のV/近畿高校駅伝

近畿高校駅伝が11月28日、兵庫県南あわじ市の特設コースで行われ、男子(7区間42.195km)は京都1位の洛南が大会新記録となる2時間2分43秒で4年連続5度目の優勝を飾った。2位の智辯カレッジ(奈良)とは4分21秒差という圧勝だった。

洛南は、1週間前に3000mで7分50秒81の高校最高記録を樹立し、1500m(3分37秒18)、5000m(13分31秒19)と合わせて3種目のレコードホルダーとなった佐藤圭汰(3年)を4区(8.0875km)に起用。1区の溜池一太(3年)はトップと3秒差の2位でつないだが、2区の前田陽向(3年)が区間賞でトップに立つと、その後は他校を寄せ付けなかった。4区の佐藤は区間新記録の23分01秒で走破。区間2位だった興国(大阪)のアントニー・マイナ(3年)を31秒抑えた。

また、1区で洛南・溜池に先着した報徳学園(兵庫)の前田和摩(2年)が28分58秒で区間賞を獲得。28分59秒で1位中継した兵庫県大会に続き、駅伝では2大会連続で10km28分台をマークした。

女子(5区間21.0975km)は、京都1位の立命館宇治が1時間09分04秒で2年ぶり20回目の優勝となった。1区の村松結(3年)が区間賞を獲得すると、トップを快走。最終5区で、大阪1位の薫英女学院・薮谷奈瑠(2年)が27秒差から大きく詰め寄ったが、立命館宇治・林美怜(3年)が2秒先にフィニッシュした。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com