月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

安城学園が4区で逆転して女子初優勝、男子は伊賀白鳳が1区から首位を守って2年ぶりV/東海高校駅伝

東海高校駅伝が11月28日、三重県松阪市の三重高校を発着とする松阪市公認コースで行われ、男子(7区間42.195km)は三重1位の伊賀白鳳が2時間7分40秒で2年ぶり6回目、女子(5区間21.0975km)は愛知1位の安城学園が1時間10分31秒で初優勝した。

男子1区は10秒以内に6校が入る激戦となり、伊賀白鳳・古橋希翁(2年)が区間賞を獲得。伊賀白鳳はその後も首位をキープしてタスキをつなぎ、5区の坂本滉斗(3年)が区間新、6区の小倉史也(3年)が区間賞と安定感を見せた。

女子1区は全国大会初出場を決めた浜松市立(静岡)の兼子心晴(3年)が区間賞を獲得。安城学園・磯部早良(3年)が12秒差の2位でつないだ。2区も浜松市立が澤田結弥(1年)の区間賞でリードを広げたが、安城学園が4区の渡辺柚那(3年)で29秒差をひっくり返し、トップに浮上。アンカーの杉浦花音(3年)がそのままフィニッシュテープを切った。終わってみればすべての区間で区間2位と、穴のないレースを展開し、初めて東海地区を制した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com