月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

ワルホルムやロハスら男女各5名が「ワールド・アスリート・オブ・ザ・イヤー」の最終候補、12月1日にMVP決定


世界陸連(WA)はワールド・アスレティクス・アワード2021の最優秀選手に贈られる「ワールド・アスリート・オブ・ザ・イヤー」の最終候補選手男女各5名を発表した。10月にノミネート選手男女10名ずつが出され、評議会とWAファミリーによるメール投票と、ファンによるSNS投票を経て5名ずつが選出されている。最終候補選手とその主な実績は以下の通り。

【男子】
●J.チェプテゲイ(ウガンダ)
東京五輪5000m金メダル、10000m銀メダル。2マイルで今季世界最高(8分09秒55)

●R.クルーザー(米国)
砲丸投で東京五輪金メダル、ダイヤモンドリーグ優勝、今季無敗、室内(22m82)ならびに屋外(23m37)での世界記録樹立

●A.デュプランティス(スウェーデン)
棒高跳で東京五輪金メダル、ダイヤモンドリーグ優勝、欧州室内選手権優勝

●E.キプチョゲ(ケニア)
マラソンで東京五輪金メダル(1972年ミュンヘン大会以降で2位に最も大差をつけた/1分20秒差)、エンスヘデ・マラソン優勝

●K.ワルホルム(ノルウェー)
400mハードルで東京五輪金メダル、ダイヤモンドリーグ優勝。世界記録樹立(45秒94)、300mハードル世界最高記録(33秒26)

【女子】
●S.ハッサン(オランダ)
東京五輪5000m、10000m金メダル、1500m銅メダル、10000mで世界記録更新(29分06秒82 ※後にL.ギデイ/エチオピアが29分01秒03で走り、現在は世界歴代2位)

●F.キピエゴン(ケニア)
1500mで東京五輪金メダル、ダイヤモンドリーグ優勝、ケニア記録樹立(3分51秒07)

●S.マクラフリン(米国)
東京五輪400mハードル、4×400mリレー金メダル、400mハードルで2度の世界記録(6月27日に51秒90、8月4日に51秒46※8月4日にD.ムハンマド・米国が51秒58をマークしたため6月の記録はパフォーマンス世界歴代3位)

●Y.ロハス(ベネズエラ)
三段跳で東京五輪金メダル、ダイヤモンドリーグ優勝、世界記録(15m67)樹立

●E.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ)
東京五輪100m、200m、4×100mリレー金メダル、100mでダイヤモンドリーグ優勝、100mと200mでジャマイカ記録、いずれも世界歴代2位(10秒54、21秒53)

昨年の年間最優秀選手は男子がA.デュプランティス(スウェーデン)、女子はY.ロハス(ベネズエラ)が受賞したが、両者ともに今年も最終候補に選出されている。今年の最優秀選手は12月1日にオンラインで開催されるワールド・アスレティクス・アワード2021にて発表される。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com